dメニューdメニュー

「順張り」価格上昇時に買い、下落時に売る投資手法

2021/07/22 16:30

https://money.smt.docomo.ne.jp/image/QygJ6lIdSmW6-PCphehWZw.jpg
順張りとは、投資商品の価格が上昇しているときに買い、下落基調のときに売るという投資手法で、トレンドに逆らわずそのまま乗っていき、収益を狙う方法です。これに対し、価格が下落しているときに流れに逆らって買い、上昇しているときに売る手法を「逆張り」といいます。 トレンドの初動段階で波に乗れば収益大 株式投資は人気投票のような

順張りとは、投資商品の価格が上昇しているときに買い、下落基調のときに売るという投資手法で、トレンドに逆らわずそのまま乗っていき、収益を狙う方法です。これに対し、価格が下落しているときに流れに逆らって買い、上昇しているときに売る手法を「逆張り」といいます。

トレンドの初動段階で波に乗れば収益大

株式投資は人気投票のようなもので、買いが集まれば集まるほど株価は上がるので、そのトレンドにうまく乗って買っていけば、収益が狙いやすくなります。ただし、上がりきったところでうっかり買ってしまうと、「高値づかみ」をして損する危険性もあります。一般的に株価チャートなどのテクニカル分析を利用して、株価が上昇していくトレンドを確認しながら買っていきます。トレンドの初期段階で波に乗れば、その分収益も大きくなるので、それを早めにキャッチできるかがポイントでしょう。【お金の単語帳】