カードローン、いくら借りられる?100万借りるには年収がいくら必要?増額申請は難しい?

2024/01/25 05:00

カードローンでお金を借りたいと思っても、自分がいくら借りられるのかイメージがつかず、ためらっている人も少なくないでしょう。カードローンでいくら借りられるのか(限度額)は、主に借りる人の年収によって決まります。 カードローンの限度額とは? カードローンの限度額とは、カードローン会社が個人に対して貸し付けられる最大金額のこ

カードローンでお金を借りたいと思っても、自分がいくら借りられるのかイメージがつかず、ためらっている人も少なくないでしょう。カードローンでいくら借りられるのか(限度額)は、主に借りる人の年収によって決まります。

カードローンの限度額とは?

カードローンの限度額とは、カードローン会社が個人に対して貸し付けられる最大金額のことです。限度額が100万円なら、100万円までは借りられます。

なお一般に、100万円借りた後、20万円返せば、追加で20万円を借りることもできます。

カードローンの限度額には2つの意味がある

カードローンの限度額には、2つの意味合いがあります。1つはカードローンの商品自体に決められている貸し付けの限度額で、もう1つは申し込む人ごとに異なる貸し付けの上限です。

たとえば、NTTドコモのdスマホローンの契約額の上限は300万円ですが、誰もが300万円借りられるわけではありません。実際に借りられる上限は、審査によって決められます。300万円借りられる人もいれば、200万円しか借りられない人もいるわけです。

ここからこの記事で取り扱う「限度額」とは、カードローンを申し込む人が審査の結果、借りられる上限額のことと考えてください。

カードローンの限度額はどうやって決まる?

カードローンの限度額は、カードローン会社が行う審査によって決まります。審査では、以下のような項目が確かめられます。

年収の3分の1まで(総量規制の範囲内)であること

カードローンは、年収の3分の1までしか借りられません。これを“総量規制”といいます。総量規制とはお金の借りすぎから消費者を守るために設けられた、貸金業法のルールです。

総量規制の対象となるのは、貸金業者(いわゆるノンバンク)からの借り入れであり、銀行は対象外です。しかし最近では、総量規制にならった自主規制を敷いている銀行のカードローンも増えています。

「借入金額が年収の3分の1以内」とは1社からの借り入れでなく、すべての貸金業者からの借り入れの合計で判断する点に注意が必要です。

たとえば年収が600万円の人が借りられるのは3分の1である200万円までですが、ある業者から既に100万円借りている人は、別の業者からは100万円までしか借りられないわけです。

安定した収入があるか

借入金額が年収の3分の1以内であれば、必ず借りられるわけではなく、カードローンの審査では、安定した収入があるかどうかが見られます。収入が安定している人は、返済能力が高いと判断されるのです。たとえば、正社員や公務員は、パートやアルバイトといった人よりも高い限度額を設定されやすいと考えられます。

他社からの借入状況や信用情報はどうか

カードローン会社は審査の際、他社からの借入状況や信用情報も確認します。他社から多くの借り入れをしている人や滞納のような履歴のある人は、返済能力が低いとみなされることに注意しましょう。

他社からの借り入れがある場合、その内容は「信用情報機関」(CIC、JICCなど)に登録されています。カードローン会社は審査の際に信用情報機関を使い、他社での借入金額や返済状況を調べられます。

なお個人が信用情報機関に自分の信用情報について、問い合わせすることも可能です。

カードローンとキャッシングの限度額の違い

キャッシングは一般に、クレジットカードに付帯されたお金を借りる機能のことを指します。カードローンとキャッシングはどちらも借り入れが自由にできるサービスですが、限度額には違いがあります。

一般的にカードローンのほうが、キャッシングよりも高い限度額を設定されやすい傾向があります。クレジットカードには「ショッピング枠」と「キャッシング枠」という限度額があり、それぞれの合計がカード全体の利用限度額です。キャッシング枠が大きいとその分ショッピング枠が減るため、多くの場合、キャッシング枠は数十万円程度に設定されます。

一方、カードローンはローンに特化したサービスのため、キャッシングより限度額が高めです。

カードローンの審査はどう行われるか

カードローンでお金を借りるには、まず審査を受けなければなりません。審査によって決まるのは、お金を借りられるかどうかと、いくらまで借りられるか(限度額)です。

カードローンの審査で確認される内容とは

カードローンの審査では、以下のような内容を確認されます。

1 返済能力の有無
2 他社からの借り入れ状況
3 信用情報

これらの確認のため、以下のような書類を提出します。なお、必要書類はカードローン会社ごとに異なります。

・本人確認書類(運転免許証・マイナンバーカードなど顔写真付きが望ましいとされる)
・収入証明書類(源泉徴収票・給与の支払い明細書など)

カードローン審査の流れ 申し込み〜契約手続きまで

カードローン審査の流れは、一般的に以下のようになります。

1 申し込み
2 申し込み内容の確認
3 信用情報の確認
4 在籍確認(勤務先に本当に勤務しているかの確認)
5 契約手続き

審査にかかる時間はカードローン会社によって異なりますが、最短でその日のうちに契約できる会社もあります。また、カードローン会社によっては勤務先へ電話による在籍確認を行いますが、在籍確認がない会社・サービスもあるため、事前に確認しておきましょう。

審査の結果はインターネット経由の申し込みであれば、メールやアプリで通知されます。

ウソの申告はNG

NG,カードローン,嘘の申告,ウソの申し込み
(健二 中村 / stock.adobe.com)

カードローンの申し込みでは、正直に自分の状況を申告することが大切です。他社からの借り入れや、年収額などでウソをついても、信用情報や収入証明書類などでバレる可能性が高く、逆効果になります。ウソの申告が発覚すると、審査にはほぼ通りません。

また、契約後に判明した場合、契約を解除され、借りたお金の一括返済を求められる場合があります。

希望額が借りられるとは限らない

カードローン審査では希望する借入額を申し込めますが、それが必ずしも借りられるとは限りません。カードローンの借入限度額は、あくまで審査によって決められます。

限度額が300万円までのカードローンでも、50万円しか借りられない人もいるのです。

計算してみた!金利は?いくら借りられる?年収はいくら必要?

カードローンの利用を検討する際に自分がいくら借りられるか、金利がどのくらいかかるかといった点が気になる人も多いでしょう。

ここでは、金利18%でカードローンを借りた場合の利息や、年収500万円ならいくら借りられるかなどの例を計算してみましょう。

金利18%でカードローンを借りた場合にかかる利息は?10万円借りた場合に利息はいくらかかる?

金利18%でカードローンを借りた場合の借入金額、借入期間ごとの利息は以下のとおりです(残高スライド方式で返済した場合)。

カードローンを借りた場合の借入金額、期間ごとの利息(金利18%)
 1ヵ月3ヵ月6ヵ月12ヵ月
10万円3,022円3,798円6,115円1万852円
30万円9,067円1万1,399円1万8,349円3万2,580円
50万円1万5,112円1万9,003円 3万583円5万4,309円
80万円2万4,180円3万406円4万8,937円8万6,896円
100万円3万225円3万8,007円6万1,171円10万8,627円
(筆者作成)

借り入れる金額が高額になり、借り入れる期間が長くなるほど支払う利息も増えます。借り入れは最低限の金額に抑え、なるべく短期間で返せるようにしましょう。

100万円借りたい場合、年収はいくら必要?

カードローンは年収の3分の1以下までしか借りられないルールのため、100万円借りたい場合は年収が300万円以上でなければなりません。

希望する借入金額ごとに必要な年収は、以下のとおりです。

希望する借入金額ごとの必要年収額
借入金額最低年収
300万円900万円
200万円600万円
150万円450万円
100万円300万円
50万円150万円
30万円 90万円
(筆者作成)

なお、「借入金額」は他の貸金業者からの借入分も含めた総額です。

たとえば、年収300万円の人がすでに貸金業者から30万円借りている場合、別の貸金業者から借りられるのは70万円までとなります。

年収500万円ならいくら借りられる?

年収の3分の1までしか借りられないルールのため、年収500万円の人のカードローンの借入限度額は、約167万円なります。

年収ごとのカードローンの上限額は、以下のとおりです。

年収ごとのカードローンの上限額
年収借入限度額
100万円約33万円
300万円100万円
500万円約167万円
800万円約267万円
1,000万円約333万円
(筆者作成)

ただし、年収の3分の1以内でも、カードローンの商品ごとの上限金額を超えた借り入れはできません。

たとえば、カードローンの商品の借入限度額が300万円であれば、年収1,000万円の人でも300万円までしか借りられないわけです。

カードローンの限度額がいっぱいになったら?

カードローンを限度額いっぱいに借りて、それ以上借りたい場合にはどうすればよいでしょうか。

カードローンの借り入れが限度額に達するとどうなる?

カードローンの借り入れが限度額に達すると、それ以上の借り入れはできません。たとえば、限度額が50万円だとして限度額いっぱいの50万円を借りた場合、そのカードローンは使えなくなるのです。

カードローンを返済するとまた借りられる

カードローンを返済すると、その分だけまた借り入れができます。

たとえば、100万円の限度額の人が50万円を借りた後、10万円返済した場合には、その時点で借りている額が40万円なので、限度額との差額である60万円まで借りられます。

このように、限度額の範囲で借りたり返したりを繰り返せるのは、カードローンの便利な点です。ただし、金利の負担も大きくなるため、長期間の借り入れはしないようにしましょう。

カードローンの限度額を増やしたい!「増額申請」の方法

カードローンの限度額を超えた借り入れをしたい場合、限度額を引き上げる増額という方法があります。限度額の引き上げには、「増額申請」という手続きが必要です。

限度額を引き上げる3つのメリット

カードローンの限度額の引き上げには、次の3つのメリットがあります。

メリット1 金利が下がる可能性がある

カードローンの金利は限度額によって異なり、一般的には限度額が高いほど低くなるため、限度額を増やすことで、金利の負担を軽くできるかもしれません。

たとえば、複数のカードローンを持つ人が、1つのカードローンの利用限度額を引き上げて借り入れをまとめたとします。利用限度額を引き上げて適用される金利が下がれば、返済の負担を減らせます。

メリット2 新規申し込みより早く手続きが終わる

カードローンの増額手続きは、新規申し込みより早く終わることが期待できます。なぜなら、それまでの利用実績をふまえて審査するので、審査にかかる時間が短く済むと考えられるからです(期日を守って支払っていることが条件です)。カードローンの限度額を超えてお金を借りたい場合、可能であれば増額申請するとよいでしょう。

メリット3 返済管理がしやすくなる

カードローンの限度額を引き上げて複数のカードローンをまとめると、返済の管理がしやすくなります。複数のカードローンを利用している場合は、それぞれの返済期日を把握して確実に返済するのは大変です。しかし、カードローンが1つになれば毎月の返済日も集中するため、忘れてしまうリスクも減ると考えられます。

増額申請はどうやってすればいい?何が必要?

ATM,カードローン,増額申請,借入,借り入れ
(dobok / stock.adobe.com)

増額申請の方法はカードローン会社によって異なりますが、一般的には以下のような方法があります。

・インターネットで申し込む
・電話で申し込む
・無人契約機で申し込む

増額を申請する場合、再び審査があります。そのため、審査の結果によっては増額できない可能性もある点に注意しましょう。

また、次のいずれかのケースに該当するときは、源泉徴収票や納税証明書など収入を証明する書類の提出が必要です。

・増額後の借入限度額が50万円を超える場合
・他の貸金業者からの借り入れとの合計額が100万円を超える場合
・その他カードローン会社が収入証明書の提出を求める場合

増額申請の2つの注意点

増額申請をする場合、以下の2点に注意が必要です。

注意点1 年収の変動が審査に影響する可能性がある

増額申請によって増額できる場合もありますが、年収が下がった人は借入限度額が下がるおそれもあります。なぜなら、カードローンには「借り入れは年収の3分の1以内」という総量規制のルールがあり、増額申請にも関わるからです。

最初にカードローンを申し込んだときよりも年収の増えている人は総量規制の枠が引き上げられるため、審査に通りやすくなると考えられます。

しかし、年収が減ってしまって希望する限度額が総量規制をオーバーする場合、増額できません。さらに、限度額を引き下げられるおそれもあるため、注意が必要です。

注意点2 過去に延滞していると審査に通りにくい

増額申請までのカードローンの返済が遅れたことがあると(延滞があると)、審査に通りにくくなります。反対に、毎月きちんと返済できている人は、増額申請も通りやすいでしょう。

また、延滞中の人は、そもそも増額申請ができないカードローン会社もあります。カードローンを利用し始めたら、返済が滞らないようにしましょう。

増額できない場合、難しい場合の対策

カードローンの限度額を増やしたいと思っても審査に通らない場合や、希望する金額まで引き上げられない場合もあります。

対策1 返済の実績を積んでから申し込む

カードローンの返済実績は、増額の審査に影響を及ぼすため、増額申請をする前に、一定期間の返済をしておきましょう。返済の実績がよければ信用が高まり、増額しやすくなります。

ただし、この方法は時間がかかるため、急いでお金を借りたい人は別の方法を考えましょう。

対策2 他社のカードローンに申し込む

カードローンの限度額は1社だけではなく、すべての貸金業者の合計で考えられるため、1社で増額できない場合、他社に申し込むのも1つの方法です。

ただし、複数のカードローンを利用すると返済の管理が面倒になったり、総借入額が増えたりするリスクがあります。そのため、必要最低限の金額だけ借りるようにしましょう。

カードローンは便利だが、注意しながら使おう

カードローンは限度額が総量規制によって、年収の3分の1までと決められていますが、借りやすく便利なサービスなので、返済のことまでしっかりと考えて使う必要があります。

特に増額の申請が通って限度額が引き上げられた場合など、しっかりと計画して、借りすぎたり延滞したりといったことがないよう、くれぐれも注意しましょう。

文・松田聡子(ファイナンシャル・プランナー)
編集・dメニューマネー編集部

【関連記事】
カードローン・スマホローンのよくある7つの疑問(PR)
「dジョブスマホワーク」で高ポイントをもらう方法
「老後破産」しないために読みたい
dポイントで投資できる?100ポイントからでOK!(外部)
ポイ活特集

記事制作者