dメニューdメニュー

「クーポン」利付債に付いている利息の比率

2021/08/29 11:30

https://money.smt.docomo.ne.jp/image/yHsBps-vQqWBNVGOFxG7sw.jpg
クーポン(Coupon)とは利札のことで、利付債に付いている利息を指します。債券の保有者に支払われる金利を額面金額に対する比率で示したもので、表面利率ともいいます。確定クーポン付きの債券の場合、年に1~2回の利払いが行われます。なお、利息の付かない債券を「ゼロクーポン債」といいます。 昔は切り離し可能な利札を利息と交換

クーポン(Coupon)とは利札のことで、利付債に付いている利息を指します。債券の保有者に支払われる金利を額面金額に対する比率で示したもので、表面利率ともいいます。確定クーポン付きの債券の場合、年に1~2回の利払いが行われます。なお、利息の付かない債券を「ゼロクーポン債」といいます。

昔は切り離し可能な利札を利息と交換

クーポンはもともと「切り取る」という意味のフランス語「Couper」から生まれた単語です。現在は電子化が進んで見かけなくなりましたが、昔は債券の券面に保有者が利払いを受けられる権利を示す切り離し可能な利札が付いていて、それを切り離して金融機関で利息と交換していました。【お金の単語帳】