dメニューdメニュー

コロナ休園から再開、ディズニーランド・シーの株主優待パスポートの仕組み「オリエンタルランド」【9月の株主優待】

2021/09/03 08:00

https://money.smt.docomo.ne.jp/image/ujpiOG0LQwOO9SEGZ9EqCQ.jpg
東京ディズニーランド、ディズニーシーを運営するオリエンタルランド <4661> の優待は、どちらかのパークで利用できる1デーパスポートです。9月末日、3月末日の年2回、その時点の株主に対して、所有株式数に応じて、株主用パスポートが配られています。有効期限は1年です。 100株でもらえるのは3月末の株主だけ…

東京ディズニーランド、ディズニーシーを運営するオリエンタルランド <4661> の優待は、どちらかのパークで利用できる1デーパスポートです。9月末日、3月末日の年2回、その時点の株主に対して、所有株式数に応じて、株主用パスポートが配られています。有効期限は1年です。

100株でもらえるのは3月末の株主だけ……

配布は年2回基準日がありますが、9月末の場合は100株ではパスポートはもらえません。9月末が対象になるのは400株以上です。2021年9月上旬現在、同社の株価は100単位で165万円程度ですので、400株となると660万円近く必要で、年2回の合計2枚もらえます。

100株だけ持っている株主がパスポートをもらえるのは、3月末の基準日だけです。詳しくは次の表にまとめています。これを見ると、2400株以上もっていれば、年に2回、合計12枚もらえることが分かります。

所有株式数 9月末 3月末 合計
100株以上 - 1枚 1枚
400株以上 1枚 1枚 2枚
800株以上 2枚 2枚 4枚
1200株以上 3枚 3枚 6枚
1600株以上 4枚 4枚 8枚
2000株以上 5枚 5枚 10枚
2400株以上 6枚 6枚 12枚

発送されるのは、例年、3月末時点の株主には6月上旬に、9月末の株主には12月上旬とのこと。

なおパークでは入場者数を制限しているため、株主用パスポートでの入園は抽選制となっています。さらに、コロナ禍で営業が制限されていたこともあって、現在発行されているパスポートの期限が一部延長されているそうです。

銘柄コード4661
発行基準日9月末、3月末
内容1デーパスポート
発送時期12月(9月末の株主)、6月(3月末の株主)
株価16,560円(2021年9月1日終値)
投資最低必要額165万6000円
優待に必要な額165万6000円(3月末)
662万4000円(9月末)
優待利回り0.49%(パスポート8200円の計算、100株で1枚)、0.25%(400株で2枚)
IRページhttp://www.olc.co.jp/ja/ir/benefit.html

文/編集・dメニューマネー編集部
画像・yu_photo / stock.adobe.com

※ この記事は優待情報を紹介するのが目的で、個別銘柄への投資を推奨するものではありません。株価や優待内容は変わることがありますので、投資を検討される際は必ずご自身でお確かめください。