dメニューdメニュー

「利回り」元本に対する収益の割合

2021/12/07 12:00

https://money.smt.docomo.ne.jp/image/pXAcrlCtQheuHfZ6GTlecg.jpg
利回りとは、貯蓄や投資において元本に対する収益の割合を表します。通常は1年間の年利回りを指し、収益性を比較する際に用いられます。投資における利回りは投資金額に対する収益の割合で、この収益には利息だけでなく、売却した場合に得られる売却損益も含まれます。 利付債券の利回りは満期保有を想定して算出 債券投資において、利率が額

利回りとは、貯蓄や投資において元本に対する収益の割合を表します。通常は1年間の年利回りを指し、収益性を比較する際に用いられます。投資における利回りは投資金額に対する収益の割合で、この収益には利息だけでなく、売却した場合に得られる売却損益も含まれます。

利付債券の利回りは満期保有を想定して算出

債券投資において、利率が額面金額に対する利子の割合であるのに対し、利回りは投資資金に対する収益の割合を表します。利付債券の利回りとは、投資家が購入してから満期償還まで保有した場合の年利と1年当たりの償還差損益の合計額を投資元本で割ったものです。利付債券の最終利回り(単利)は、次の計算式で求められます。【お金の単語帳】

利付債券の最終利回り(%)= [年利率+(償還価格-買付価格)÷残存年数]
買付価格×100