dメニューdメニュー

「ワンストップ特例」ふるさと納税で確定申告が不要になる特例

2021/12/11 12:00

https://money.smt.docomo.ne.jp/image/kwMvRgU3Rd-q1xypgRsGAQ.jpg
ワンストップ特例とは、ふるさと納税において確定申告を行わなくても税金の控除が受けられる簡易的な方法です。 この特例を利用できるのは、「年収2000万円以下」で「医療費控除がない」など、もともと確定申告が必要のない給与所得者などが、年間5団体以内に寄付した場合に限られます。 寄付した翌年の1月10日までに「ワンストップ特

ワンストップ特例とは、ふるさと納税において確定申告を行わなくても税金の控除が受けられる簡易的な方法です。

この特例を利用できるのは、「年収2000万円以下」で「医療費控除がない」など、もともと確定申告が必要のない給与所得者などが、年間5団体以内に寄付した場合に限られます。

寄付した翌年の1月10日までに「ワンストップ特例申請書」を寄付先の全自治体に送付すれば、確定申告をしなくても「寄附金控除」が受けられます。

申請書を出しそびれた場合は確定申告が必要

もし寄付先が6カ所以上になってしまったり、申請書を上記期日までに1か所でも出しそびれたりした場合は、この特例は利用できず、確定申告をしなければ税金の控除を受けることができません。【お金の単語帳】