dメニューdメニュー

株価が下がってるなら「配当」に注目! 日米「配当利回り」の高い6銘柄

2022/09/16 11:25

https://money.smt.docomo.ne.jp/image/tnqgYODPR-mvqxi_m5mr5w.jpg
株価が下がったときは、高配当銘柄を安く購入するチャンスです。配当利回りは「いくら投資したらいくら配当をもらえるか?」で決まります。つまり、株価が下がるほど「少ない元手で多くの配当をもらえる=利回りが高くなる」のです。株価が下がっている今、高配当銘柄への投資を考えましょう。 株価が下がったときに買いたい日本の高配銘柄3選

株価が下がったときは、高配当銘柄を安く購入するチャンスです。配当利回りは「いくら投資したらいくら配当をもらえるか?」で決まります。つまり、株価が下がるほど「少ない元手で多くの配当をもらえる=利回りが高くなる」のです。株価が下がっている今、高配当銘柄への投資を考えましょう。

株価が下がったときに買いたい日本の高配銘柄3選

日本郵船――配当利回り8.49%

日本郵船 <9101> は、海運業の売上高で国内トップを誇る大手企業です。株価は7月12日現在9,250円なので、92万5,000円の投資で年7万8,500円の配当をもらえる見込みです。

※日本株の最低投資額は100株単位。

NEW ART HOLDINGS――配当利回り7.72%

NEW ART HOLDINGS <7638> は、「ダイヤモンドシライシ」など人気のブライダルジュエリーを手掛ける企業です。株価は7月12日現在1,295円なので、12万9,500円の投資で年1万円の配当をもらえる見込みです。

淺沼組――配当利回り7.13%

淺沼組 <1852> は、官公庁建築も手掛ける関西発の老舗ゼネコンです。株価は7月12日現在5,360円なので、53万6,000円の投資で年3万8,200円の配当をもらえる見込みです。

配当利回りが高い米国の高配当銘柄3選

米国株は1株から買えるため、少額から投資できます。日本株の配当は年1、2回ですが、年4回配当を出す企業が多いのも注目ポイントです。

※株価、配当は1ドル=137円で計算。

アルトリア・グループ――配当利回り8.58%

アルトリア・グループ は、たばこやワインを製造・販売する企業です。株価は7月12日現在5,747円なので、10株5万7,470円の投資で、年4回、合計4,930円の配当をもらえる見込みです。

ギリアド・サイエンシズ――配当利回り4.66%

ギリアド・サイエンシズ は、コロナ治療薬「レムデシビル」の開発・販売元として注目されるバイオ医薬品会社です。株価は7月12日現在8,584円なので、10株8万5,840円の投資で、年4回、合計4,000円の配当をもらえる見込みです。

IBM――配当利回り4.65%

IBM は、コンピューター製品を手掛けるアメリカ企業です。株価は7月12日現在1万9,317円なので、10株19万3,170円の投資で、年4回、合計8,990円の配当をもらえる見込みです。

投資してはいけない高配当銘柄に注意

株価が下がっているタイミングでは、安くなった高配当銘柄を探して投資しましょう。

ただし、業績不振や不祥事など、株価が下がった理由は要チェックです。回復の見通しが立たないうちは、投資すべきではありません。

業績や関連ニュースもチェックした上で、優良な高配当銘柄に投資しましょう。

文・木崎 涼(ファイナンシャル・プランナー)
編集・dメニューマネー編集部

(2022年7月16日公開記事)

【MONEY TIMES(外部)関連記事】
米国株の高配当利回りランキングTOP10
投資アプリのおすすめ14選 ほったらかし投資、少額投資など
初心者向け!ネット証券オススメランキング
ネット証券NISAランキング
米国株・1万円以下で買える銘柄を紹介