dメニューdメニュー

貯まったポイントは投資で増やす!米国「高配当」銘柄3選

2022/09/25 09:55

https://money.smt.docomo.ne.jp/image/1dIEe9VeTjqi37yyR5xbOA.jpg
クレジットカードやネットショッピングで貯めたポイントを、高配当銘柄に投資して、配当金を受け取ることができます。ポイントを使って投資するポイント投資なら、お金の持ち出しなく気軽に始められます。1株単位で買えて、配当回数の多い米国株は、ポイント投資にぴったりです。 年4回配当のある、米国の高配当銘柄を見てみましょう。 1 

クレジットカードやネットショッピングで貯めたポイントを、高配当銘柄に投資して、配当金を受け取ることができます。ポイントを使って投資するポイント投資なら、お金の持ち出しなく気軽に始められます。1株単位で買えて、配当回数の多い米国株は、ポイント投資にぴったりです。

年4回配当のある、米国の高配当銘柄を見てみましょう。

1 アルトリアグループ──利回り8.42%、5,902円から

アルトリアグループ は、たばこやワインを製造・販売する米国企業で、たばこブランド「マルボロ」のメーカーとして有名です。株価は7月22日現在42.77ドル、5,902円で、8.42%という高利回りを誇ります。

アメリカで電子たばこの規制が強化される動きがあり、アルトリアグループの株価も一時下がりましたが、7月21日には株価が上がる兆しも見え始めています。

配当銘柄は株価が下がったタイミングが「買い時」です。アルトリアグループの株は、2007年のピーク時の半額以下で購入でき、直近でもやや株価が下がったため、今が買い時といえるかもしれません。

2 AT&T──利回り5.92%、2,611円から

AT&T は、アメリカの老舗総合通信会社です。株価は7月22日現在18.92ドル、2,611円で、5.92%という高利回りを誇ります。

AT&Tは、7月21日にキャッシュフロー予想を引き下げ、株価が下がりました。また、2022年2月に配当金を減らすことを発表したときも、株価が下がっています。

しかし、もともと36年連続で配当金を増やし続けてきた記録を持つ企業です。また、配当金を減らしたといっても、利回り約6%というのは十分高い水準です。株価が下落した今は、むしろ買い時といえそうです。

3 ベライゾンコミュニケーションズ──利回り5.37%、6,577円から

ベライゾンコミュニケーションズ は、AT&Tとならぶアメリカの大手通信サービス会社です。株価は7月22日現在47.66ドル、6,577円で、5.37%という高利回りを誇ります。

7月21日にAT&Tの株価が下がり、つられる形でベライゾンコミュニケーションズの株価も下がりました。もともと、通信業界はコロナの影響も少なく、安定した業種です。そのため、配当金目的で長期保有するのに向いている銘柄です。

米国株には、1万円以下で買える高配当銘柄がたくさんあります。貯まったポイントの使い道に悩んでいるなら、ポイント投資を検討してみてください。ポイントのまま保有していてもお金は増えませんが、ポイントを高配当銘柄に投資すれば、配当金を受け取ることができます。

文・木崎 涼(ファイナンシャル・プランナー)
編集・dメニューマネー編集部

(2022年7月25日公開記事)

【MONEY TIMES(外部)関連記事】
米国株の高配当利回りランキングTOP10
投資アプリのおすすめ14選 ほったらかし投資、少額投資など
初心者向け!ネット証券オススメランキング
ネット証券NISAランキング
米国株・1万円以下で買える銘柄を紹介