dメニューdメニュー

住宅ローン繰り上げ返済の前に!高配当銘柄のほうが実はお得?

2022/09/26 09:55

https://money.smt.docomo.ne.jp/image/khiLCBpUR9GvM-okErmdRw.jpg
ボーナスなどでまとまった資金が手に入ると、住宅ローンの繰り上げ返済などに充てたくなりますが、焦って繰り上げ返済するのは考えものです。手元にあるお金は投資の資金にしましょう。まとまった資金があるのなら、住宅ローンの繰り上げ返済より、投資で増やしたほうがお得です。 住宅ローンの繰り上げ返済──利息減少額は45万円 住宅ロー

ボーナスなどでまとまった資金が手に入ると、住宅ローンの繰り上げ返済などに充てたくなりますが、焦って繰り上げ返済するのは考えものです。手元にあるお金は投資の資金にしましょう。まとまった資金があるのなら、住宅ローンの繰り上げ返済より、投資で増やしたほうがお得です。

住宅ローンの繰り上げ返済──利息減少額は45万円

住宅ローンの繰り上げ返済をした場合、どれくらいのメリットがあるのでしょうか? 3000万円のローンを30年で組み、10年で返した場合の例を見ていきましょう。ずっとボーナスなどを貯蓄して得た、手元の500万円を住宅ローンの繰り上げ返済に充てたとします。

その際、金利1.0%の場合、95万円しか期間短縮されず、金利0.5%のときは、25万円しか返済軽減されません。

金利0.5% 金利1.0%
期間短縮 約45万円 約95万円
返済軽減 約25万円 約52万円

住宅ローンはそもそも金利が低いため、まとまった資金を繰り上げ返済に充てても、意外と利息の減りは小さいのです。

住宅の取得時期によっては13年になりますが、返済から10年経っていなければ、住宅ローン減税が減ることにも注意すべきです。住宅ローン減税の額は、住宅ローン残高に応じて決まるため、繰り上げ返済で減ることがあります。

高配当株への投資──利回り8%の銘柄なら10年後に1,000万円超に

また、高配当銘柄に投資した場合、どれくらいのメリットがあるのでしょうか?

例えば、ずっとボーナスなどを貯蓄してきた、手元の500万円を高配当銘柄に投資し、利回り8%で運用できれば、10年後には約1,110万円になり、610万円増えます。20年後なら約2,463万円になり、なんと約1,963万円も増えます。

投資の成果を左右するのは、元手の大きさと、投資期間です。まとまった資金を長期間にわたって運用することで、想像以上に大きなリターンを得られます。

この計算は、あくまでシミュレーションで、利益を保証するものではありません。税金や手数料は考慮していないので注意してください。

利回り約8%の高配当銘柄にはどんなものがあるのか?

このように住宅ローンの繰り上げ返済をするよりも、高配当銘柄に投資したほうがお得ということが分かりました。

「お金が貯まったら繰り上げ返済を!」と考える人は多いですが、住宅ローンは格安金利でお金を借りられるお得な制度です。早く返すことにとらわれず、手元資金を投資で増やすことを考えてみてください。

実際に、利回り約8%の高配当銘柄は存在します。海運業で国内トップの売上を誇る日本郵船 <9101> の利回りは7.58%、たばこブランド「マルボロ」で有名な米国企業アルトリアグループ 利回りは8.42%です(2022年7月22日現在)。これはあくまで一例で、このほかにも高配当銘柄はあります。

ライフプランや投資のリスクも考慮して判断しよう

ただし、「退職を間近に控えており、住宅ローンを完済しておきたい」など、ライフプランによってもどちらを優先すべきかは変わります。また、投資にはリスクがあり、高配当銘柄といっても、購入時より株価が下がったり、配当金が減ったりすることもあり得ます。

ライフプランや投資のリスクも考慮しながら、賢いお得な選択をしましょう。

文・木崎 涼(ファイナンシャル・プランナー)
編集・dメニューマネー編集部

(2022年7月26日公開記事)

【MONEY TIMES(外部)関連記事】
米国株の高配当利回りランキングTOP10
投資アプリのおすすめ14選 ほったらかし投資、少額投資など
初心者向け!ネット証券オススメランキング
ネット証券NISAランキング
米国株・1万円以下で買える銘柄を紹介