dメニューdメニュー

「REIT(リート)」多額の資金がなくても不動産に投資できる

2021/05/01 01:04

https://money.smt.docomo.ne.jp/image/fSf9Nd--SVyf2Jp3BLk_ow.jpg
REIT(リート)とはReal Estate Investment Trustの略で、不動産に投資する投資信託の一種です。 証券取引所に上場されているものは、上場株式と同様に売買することができます。投資家から集めた資金で不動産を保有、管理し、主に物件の賃貸収入で収益をあげます。 不動産を買わずとも不動産投資できる 対象

REIT(リート)とはReal Estate Investment Trustの略で、不動産に投資する投資信託の一種です。

証券取引所に上場されているものは、上場株式と同様に売買することができます。投資家から集めた資金で不動産を保有、管理し、主に物件の賃貸収入で収益をあげます。

不動産を買わずとも不動産投資できる

対象となる不動産はオフィスビル、商業施設、住宅などさまざまで、個人では買えないような高額な不動産に間接投資することができます。

REITは投資法人によって運営され、収益の90%超を分配金に回すことが法律により義務付けられており、配当利回りを重視する投資手段として注目されています。

不動産は人気の投資対象ですが、小さな物件でも数百万円、数千万円かかることも珍しくありません。しかしREITでしたら数万円から買えますから、「資金はそんなにないけれど不動産投資をしたい」という投資家には検討しやすい商品といえそうです。【お金の単語帳】