dメニューdメニュー

「IPO」企業が株を初めて公開すること 人気の場合は抽選になることも

2021/03/30 09:18

https://money.smt.docomo.ne.jp/image/DrQsk2FGRTm5I3wVJEU10g.jpg
IPO(アイピーオー)とはInitial Public Offeringの略です。 「新規株式公開」、「新規株式上場」のことで、上場していない(株式未公開の)企業が、証券取引所などに新たに上場(公開)することを指します。株式を公開していない状態では、株式を持っているのは、経営者や初期の投資家など、特定の投資家だけです。

IPO(アイピーオー)とはInitial Public Offeringの略です。

「新規株式公開」、「新規株式上場」のことで、上場していない(株式未公開の)企業が、証券取引所などに新たに上場(公開)することを指します。株式を公開していない状態では、株式を持っているのは、経営者や初期の投資家など、特定の投資家だけです。そこで上場して多くの投資家に買ってもらえるようにするわけです。

以前からの株主が保有している株式を市場に放出する「売出し」と、新たに株券を発行して市場から新規に資金を調達する「公募」の2つの方法があります。いずれも既存の株主が保有する株式を売却し、一般の投資家に販売することで、その企業の知名度が向上し、より広く資金調達ができるようになります。

なおその企業が初めて株式を公開・売り出しする場合、「IPO」といいますが、既に株式が市場で取引されている企業が資金調達のために株式を新たに発行したり、企業が持っている自社株や大株主が保有している発行済株式を市場に売り出す場合は「PO」といいます(Initial=イニシャルには「最初の」という意味があります)。

人気の銘柄は買いたくても抽選になることも

IPOでは、主幹事証券会社の主導により、業績や成長性、投資家の需要などを勘案して公開価格が決定・公表され、投資家が各証券会社に申し込んで購入します。ただし、売り出される株式数が限られているため、各証券会社に割り当てられた株数に応じ、抽選などによって選ばれた購入者のみが購入できます。【お金の単語帳】