dメニューdメニュー

「キャピタルゲイン」売ったら得られる利益

2021/03/19 09:58

https://money.smt.docomo.ne.jp/image/oaJWRDLETnGB119NZt7Xwg.jpg
投資には、大きく分けて「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」の2種類の利益があります。「キャピタルゲイン」は、金融資産を売却することで発生する利益です。 売ったら得られるのが「キャピタルゲイン」 「キャピタルゲイン」とは、たとえば株式投資であれば、購入した株価より高い値段で売却することができれば、その差額がキャピタル

投資には、大きく分けて「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」の2種類の利益があります。「キャピタルゲイン」は、金融資産を売却することで発生する利益です。

売ったら得られるのが「キャピタルゲイン」

キャピタルゲイン」とは、たとえば株式投資であれば、購入した株価より高い値段で売却することができれば、その差額がキャピタルゲイン(値上がり益)となります。ただ株式投資やFXの場合には、まず高く売ってから安く買い戻すことも可能で、そこで得た利益もキャピタルゲインということになります。逆に売った時に損失が出れば、その損失を「キャピタルロス」といいます。

たとえば50万円で買った株を55万円で売ることができれば、その差額の5万円が「キャピタルゲイン」です(税金や手数料は考慮しません)。逆に45万円に売れたら、5万円が「キャピタルロス」というわけです。

一方の「インカムゲイン」とは、金融資産を保有している間に発生する利益で、たとえば預貯金であれば利息、不動産投資であれば家賃収入がそれに当たります。株式投資の場合では、配当株主優待インカムゲインに当たります。【お金の単語帳】