dメニューdメニュー

「配当」増配や復配は株価にプラス

2021/03/19 14:22

https://money.smt.docomo.ne.jp/image/WOLzBrVkQpKPhQYUkdL_sA.jpg
「配当」とは企業が利益を株主に分配するお金で、株主が保有する株数に比例して決算時に分配されます。保有中に得られる利益で、投資家にとっては「インカムゲイン」と言えます。特別大きな利益が出た際や設立〇周年などの年には、特別配当、記念配当として、通常の配当に上乗せして分配されることもあります。 配当は必ず出されるものではなく

配当」とは企業が利益を株主に分配するお金で、株主が保有する株数に比例して決算時に分配されます。保有中に得られる利益で、投資家にとっては「インカムゲイン」と言えます。特別大きな利益が出た際や設立〇周年などの年には、特別配当、記念配当として、通常の配当に上乗せして分配されることもあります。

配当は必ず出されるものではなく、会社の方針や赤字により出ないこともあります。配当を中断していた企業が復活させることを「復配」、また配当を増やすことを「増配」といいますが、これらのニュースは株価にもプラスに作用する傾向があります。一方、配当を減らすことを「減配」、配当を出さないことを「無配」といいますが、これらは逆に株価にマイナスに作用しがちです。【お金の単語】