dメニューdメニュー

いまさら聞けない ?「日経平均」と「TOPIX」は何がどう違うのか

2021/12/27 11:00

https://money.smt.docomo.ne.jp/image/39jA7gUQQDCfOvrnXsYidg.png
【連載】日経平均ってなんだろう? 1分解説 日本の株式市場の代表的な指標といえば「日経平均株価」ですが、東証1部上場の2,000を超える企業の中から選抜された225銘柄の平均のため、相場全体の方向性を計るうえではやはり限界も指摘されています。そこで、日経平均株価と対をなす存在として「東証株価指数」(TOPIX)があるわ

【連載】日経平均ってなんだろう? 1分解説

日本の株式市場の代表的な指標といえば「日経平均株価」ですが、東証1部上場の2,000を超える企業の中から選抜された225銘柄の平均のため、相場全体の方向性を計るうえではやはり限界も指摘されています。そこで、日経平均株価と対をなす存在として「東証株価指数」(TOPIX)があるわけです。

対象──日経平均は225社の平均、TOPIXは1部全銘柄の平均

TOPIXとはどのような指数かと言うと、東証1部上場銘柄のすべてを対象として算出されている株価指数です。

日経平均……日本経済新聞社が選抜した、東証1部上場銘柄の中から選抜した225銘柄
TOPIX……東京証券取引所が発表、東証1部銘柄のすべてが対象

ちなみに日経平均株価の算出が始まったのが1950年、TOPIXはその18年後の1968年1月4日を基準に算出が始まっています。

単位──日経平均は「円」、TOPIXは「ポイント」

このほかに両者の違いとして「単位」があります。日経平均株価の単位が「円」であるのに対して、TOPIXでは「ポイント(pt)」が用いられています。

この違いの背景には、「指数の算出方法」があります。日経平均株価は、ごく簡単に省略して説明すると、225銘柄の株価の合計値を225で割った平均値です。

ただし、単純平均のため株価の高い株(「値がさ株」と呼ばれる)の影響をどうしても受けやすいという問題があります。その代表例がファーストリテイリング<9983>や東京エレクトロン<8035>、ソフトバンクグループ<9984>、エムスリー<2413>などです。これらの企業の株価の上昇、下落影響が大きく指数に反映されます。値がさ株の価格が大きく上昇すると、東証1部の企業の株価がほぼ全面安であったとしても、日経平均株価は上昇してしまうという奇妙な結果もあり得るのです。

一方、TOPIXは市場に流通している株式をベースとした時価総額(発行済み株式数×株価)から算出した指数で、企業や役員が保有しているような、市場に出回らないであろう株式を除いています。この点では、より日本経済の状況を正確に計ることができると言えます。

この算出方法を「浮動株時価総額加重型」といいます。TOPIXは基準日となる1968年1月4日を100として算出されており、東証1部全銘柄の時価総額の合計を基準値日の時価総額合計で除したものです。なお「浮動株」とは市場に流通している株式です。

TOPIXは時価総額ベースのため、日経平均株価に大きく影響を与えるような値がさ株だけが仮に上昇しても、2,000銘柄を超える時価総額合計に対して与える影響はそれ程大きくないということです。

今後、日銀が買い入れるETFは「TOPIX型のみ」になった

ニュースで耳にする「日銀のETF買い入れ」、これは、市場が混乱する局面で、相場を支えるために日本銀行がETF(上場投資信託)を購入することを指します。従来、買い入れでは、日経225型、TOPIX型、JPX400型など様々な種類のETFが対象でした。

しかし、3月に行われた日銀の金融政策決定会合で、今後のETF買い入れについては、より経済状況を把握することができる「TOPIX型のみ」に変更されることになりました。

こうした動きもあり、これまでよりも一段と「TOPIX」という指数への関心度合いが強まってきています。日経平均株価とセットで注意深く観察することをお勧めします。

文・村瀬智一(RAKAN RICERCAアナリスト
編集・濱田 優(dメニューマネー編集長)

【関連記事】(外部サイトに飛びます)
初心者向け!ネット証券オススメランキング
株主優待をタダ取りする裏ワザとは?
つみたてNISA 毎月いくら積み立てるのがいい?