dメニューdメニュー

「洪牙利」ってどこ?──消費税が27%! 首都はドナウの真珠の異名も

2021/08/16 06:00

https://money.smt.docomo.ne.jp/image/8po9BTh6SkaIdhKKF9VJ2Q.jpg
水球が盛んで、国内にはプロリーグもあります。2000年のシドニーオリンピックから2008年の北京オリンピックまで3連覇を達成、合計9度の優勝を誇る水球の強豪国です。消費税(付加価値税)は27%と世界一高い「洪牙利」とはどこの国でしょうか? オリンピック3連覇の水球強豪国 正解は「ハンガリー」です。面積は日本の約4分の1

水球が盛んで、国内にはプロリーグもあります。2000年のシドニーオリンピックから2008年の北京オリンピックまで3連覇を達成、合計9度の優勝を誇る水球の強豪国です。消費税(付加価値税)は27%と世界一高い「洪牙利」とはどこの国でしょうか?

オリンピック3連覇の水球強豪国

正解は「ハンガリー」です。面積は日本の約4分の1の小国で、周辺国にはオーストリアやウクライナ、ルーマニアなどがあります。

首都ブダペストは、ドナウ川に沿って丘陵の「ブダ」と平地の「ペスト」地区に分かれており、都市のシンボルでもあるセーチェーニ鎖橋で行き来できます。両地区とドナウ川は世界遺産として登録されており、“ドナウの真珠”と称される美しい街並みが魅力です。

ハンガリーで生産されている貴腐ワイン「トカイ・アスー・エッセンシア」は、世界三大貴腐ワインのひとつ。フランスのソーテルヌ、ドイツのトロッケンベーレンアウスレーゼとともに世界三大貴腐と称され、これらふたつの元祖はトカイワインなのだそう。

イングランド銀行を負かした投資家が話題に

ジョージ・ソロス氏は、ハンガリーを代表する有名な投資家です。ソロス氏はグローバルマクロと呼ぶ手法を中心に、大規模なヘッジファンド運用で財をなしました。グローバル・マクロとは、世界中の経済・金融市場・政治情勢などをマクロの視点から分析して、グローバルかつ広範な金融市場で売買する投資戦略のことです。

ソロス氏を一躍有名にしたのは、ポンドを巡る英国中央銀行とのやり取りです。1992年に当時割高とされていた英ポンドに目をつけ、100億ドルに上るポンド売りをしかけました。これによりポンドは急落、英国中央銀行の防衛策もむなしくポンドは下げ止まらず、英国は欧州為替相場メカニズム(ERM)を脱退。変動相場制への移行に追い込まれました。以来、同氏は「イングランド銀行を負かした男」と呼ばれています。

ソロス氏は日米間の為替相場と通貨供給量の比率に相関があるとする「ソロスチャート」の考案者でもあります。

文/編集・dメニューマネー編集部

【関連記事】
いくつ読める?「錫蘭・列支敦士登・和蘭・希臘・白耳義」
初心者向け!ネット証券オススメランキング(外部サイト)
いくつ読める?「尼波羅・烏克蘭・草支亜・芬蘭・哥倫比亜」
株主優待をタダ取りする裏ワザとは?(外部サイト)
いくつ読める?「宇柳貝・沙特阿拉伯・瑞典・盧森堡・馬来西亜」