dメニューdメニュー

【8月19日】セキュリティ機器等の開発・販売あいHD、北川精機、東京インフラ・エネルギー投資法人などが決算発表

2022/08/19 05:30

https://money.smt.docomo.ne.jp/image/16fZ7lUYR7Kg_PeW3zhSSQ.png
きょう8月19日(金)に決算発表を予定している企業は次の通り。 企業名銘柄コード業種市場区分決算種別 あい ホールディングス <3076> 卸売業プライム本決算 北川精機 <6327> 機械スタンダード本決算 東京インフラ・エネルギー投資法人 <9285

きょう8月19日(金)に決算発表を予定している企業は次の通り。

企業名銘柄コード業種市場区分決算種別
あい ホールディングス <3076> 卸売業プライム本決算
北川精機 <6327> 機械スタンダード本決算
東京インフラ・エネルギー投資法人 <9285> インフラファンドインフラファンド-
(出典:日本取引所グループなど)

あいホールディングスは2007年設立、東京都に本社を構える。防犯カメラやレコーダー等のセキュリティ機器の開発・販売からアフターフォローまでサービスの提供を行う。カード機器や情報機器も扱っており、病院での診察券発行機やICカード等の身分証や磁気カードリーダなど幅広く利用されている。 2019年杜の公園ゴルフクラブ、2022年ナノ・ソルテックを子会社化。

北川精機は1957年創業、スマートフォンやタブレット端末などの電子機器に内蔵されているプリント基板の製造に欠かせない、真空プレス装置などの製造販売を行う。プリント基板の素材となる銅張積層板を積層形成するプレス装置では世界トップクラスのシェアを誇る。

東京インフラ・エネルギー投資法人は2017年設立、再生可能エネルギー発電設備関連に関するノウハウや実績を有しているアドバンテック・グループがメインスポンサーとなっている。 太陽光発電設備等に係る再生可能エネルギー発電設備関連へ80%以上、それ以外の再生可能エネルギー(風力発電、バイオマス発電、水力発電、地熱発電)に係る再生可能エネルギー発電設備関連へ20%以下としている。 格付けはJCRよりA-(安定的)を取得している。

文/編集・dメニューマネー編集部

【関連記事】
「老後破産が不安」なら読みたい【特集・老後の備え】
初心者向け!ネット証券オススメランキング(外部)
もし10年前に米ドル預金を100万円していたら?
SBI証券と楽天証券どちらで開設する?(外部)
お金が貯まる?風水・占い記事