dメニューdメニュー

高年収なのにお金が貯まらない人の4つの特徴

2022/08/20 17:00

高年収なのに、なぜかお金が貯まらないという人は、日常生活で間違ったお金の使い方をしているかもしれない。どんな行動を取るとお金がなかなか貯まらないのだろうか?高年収なのにお金が貯まらない人の特徴を見てみよう。 特徴1 付き合いによる支出が多い お金が貯まらないという人は、とかく人付き合いにお金をかけがちで、言い換えれば「

高年収なのに、なぜかお金が貯まらないという人は、日常生活で間違ったお金の使い方をしているかもしれない。どんな行動を取るとお金がなかなか貯まらないのだろうか?高年収なのにお金が貯まらない人の特徴を見てみよう。

特徴1 付き合いによる支出が多い

お金が貯まらないという人は、とかく人付き合いにお金をかけがちで、言い換えれば「付き合いだから(お金が出ても仕方ない)」と思っていることが多い。

部下を連れて飲みに行ったり、取引先と交流を深めたりという機会も多いだろう。そうした飲食代は会社の経費で認められないことも少なくないので、お金も時間もかかりすぎる。

人付き合いによる出費を減らすには、本当にこの人との付き合いを大切にしたいのかを見極めることだ。そこには、ビジネス上のプラスや出世につながるといった打算的な側面があっていいし、損得感情抜きに大切にしたい関係があるならお金や時間をかけてもいい。

しかし、大して考えることもせずに「誘われたから」「何かメリットあるかも」と気軽に誘ったり、誘いに応じたりするのは止めたほうがいい。

特徴2 お金を何に使ったか把握していない

お金を何にどれくらい使ったか把握していない人も、お金が貯まりにくい。

人間は忘れる生き物。お金を使った瞬間はともかく、1日、2日も経てば何にいくら使ったか忘れてしまう。それなのに家計簿などをつけたり、クレカや決済したスマホアプリの明細を見直したりする習慣がない人が、お金をためられるはずがない。

お金を貯めたいのなら、定期的にお金の動きを把握するよう務めたい。

特徴3 収入が上がるとともに生活水準をあげている

収入が上がるとともに、生活水準を上げてしまっている人もお金が貯まりにくい。

収入が増えたからといって、日用品や外食で以前より高い商品を買ったり、高額なレストランに行ったりしていないだろうか。

一度上げてしまった生活水準を元に戻すのは難しい。今の収入が続けばいいが、収入が減る可能性もある。収入が上がっても、生活水準はむやみに上げずお金を貯めておきたい。

特徴4 収入の上限額でローンを組んでいる

得ている収入ギリギリで住宅ローンなどの支払い額を設定している人も、お金が貯まりにくい。

余裕をもっておかないと、予測していなかったことが起きたら毎月の支払いができなくなる。ローンを組んだり借金したりするなら、支払額は無理のない、余裕のある額にすべきだ。

文/編集・dメニューマネー編集部

【関連記事】
「老後破産が不安」なら読みたい【特集・老後の備え】
初心者向け!ネット証券オススメランキング(外部)
もし10年前に米ドル預金を100万円していたら?
SBI証券と楽天証券どちらで開設する?(外部)
お金が貯まる?風水・占い記事