dメニューdメニュー

40代が老後資金を増やす3つの方法 貯蓄とイデコだけじゃない!

2022/04/10 17:00

https://money.smt.docomo.ne.jp/image/XQkY4ztuTHeN_W9nCNq-9Q.jpg
「老後資金をつくる方法は?」と問われたら、「貯蓄」や「iDeCo」(イデコ)を思い浮かべる人が多いでしょうが、決してその2つだけではありません。いろいろなやり方がある中で、「40代」の多くの人ができそうな方法を3つから計画的に資産を増やしていきましょう。 方法1 スキルを活かし「副業」で資産を増やす 本業とは別に副業で

「老後資金をつくる方法は?」と問われたら、「貯蓄」や「iDeCo」(イデコ)を思い浮かべる人が多いでしょうが、決してその2つだけではありません。いろいろなやり方がある中で、「40代」の多くの人ができそうな方法を3つから計画的に資産を増やしていきましょう。

方法1 スキルを活かし「副業」で資産を増やす

本業とは別に副業で資産を増やす方法をまず考えましょう。

たとえばサラリーマンに人気の副業に「週末コンサル」があります。営業やマーケティングコンサルなど、本業の知見を活かして週末(本業の時間外)に働くのです。

コンサル先はネットで見つけられます。たとえば、仕事を依頼したい人・受注したい人をインターネットでマッチングする「クラウドソーシング」なら、コンサルでなくともライティング・デザイン・プログラミングなどさまざまな依頼があり、単発の仕事もあります。

このほかにも、趣味や知識を活かしてブログを立ち上げ、アフィリエイトで稼ぐ方法もあります。アフィリエイトでは、ブログに広告を設置し、広告収入を受け取ります。根気よく継続し、読者が増えれば、収入も増加します。

副業がうまくいけば、資産だけでなく、自信ややりがいもできます。ただし、会社によっては副業禁止規定があるため、事前に確認しておきましょう。

方法2 利益に税金がかからない「NISA」を活用する

投資で得た利益にかかる約20%の税金がかからない、NISAニーサ)で効率的に資産を増やしましょう。

NISAには「つみたてNISA」と「一般NISA」があります。つみたてNISAでは、毎年40万円(毎月約3.3万円)を20年間運用できます。一般NISAでは、毎年120万円を5年間運用できます。

リスクの低い投資信託でコツコツと資産形成したいなら「つみたてNISA」、株式を含む幅広い商品に投資したい、個別銘柄の選定も苦にならないのなら「一般NISA」を選ぶと良いでしょう。

方法3 意外と大きい「ポイント還元」を見直す

40代は支出の多い時期でもあります。高還元率のクレジットカードを利用し、ポイント還元で賢くお金を貯めましょう。

もし夫婦で毎月5万円ずつクレカ決済をしているなら、年間の決済額は合計120万円です。還元率1%のクレカなら、年間1万2,000円分のポイントが貯まります。さらに、特定の通販サイトや店舗での買い物で、お得にポイントが貯まるクレカもあります。

文・木崎 涼(ファイナンシャル・プランナー)
編集・dメニューマネー編集部

【関連記事】
山田真哉-横川楓 対談「お金の教育をするならいきなり『家計管理』じゃダメ」
初心者向け!ネット証券オススメランキング(外部サイト)
これが「老後破産」の前兆!知っておくべき「NG行為」
SBI証券と楽天証券どちらで開設する?徹底比較(外部サイト)
貯金1000万円ためる人が「絶対にやらない」4つのこと