dメニューdメニュー

高齢者の「免許返納」は何歳でする?データでは「70歳以降」で8割【調査】

2022/06/14 11:00

https://money.smt.docomo.ne.jp/image/ISjibMx7TxmjARJeyT7flQ.jpg
運転免許証を自主返納した人の年齢は75〜79歳で、29%を占めることが分かった。次いで、80〜84歳が25%、70〜74歳24%で、70歳以降で78%を占めるという。 調査を行ったのはパーク24 <4666> 。対象はドライバー向け会員制サービス「タイムズクラブ」の会員6,940人。 運転免許証の返納につい

運転免許証を自主返納した人の年齢は75〜79歳で、29%を占めることが分かった。次いで、80〜84歳が25%、70〜74歳24%で、70歳以降で78%を占めるという。

調査を行ったのはパーク24 <4666> 。対象はドライバー向け会員制サービス「タイムズクラブ」の会員6,940人。

運転免許証の返納について「考えたことがある」と回答した人の割合は、全体の11%、60代以上では約3割を占めた。

運転免許証の自主返納について考えたことがある人に、「何歳で返納するか」を聞いたところ、70歳が最多で33%となり、75歳が29%、80歳が16%という結果に。70〜80歳での返納を想定している人が8割を超えた。

高齢運転者の事故の原因は安全不確認が最多

運転免許証の返納について考えたきっかけは、「操作ミスによる交通事故のニュースを見た」が79%と大半を占めた。その他では、「反射神経が鈍くなってきた」「視力が悪くなった」という回答もわずかだが見られた。

2020年の高齢運転者の交通事故は2万5,642件。3万2,590件を記録した2018年から減少傾向にある(警視庁)。

高齢者の交通事故のうち、高齢運転者の違反をみると安全不確認(約38.2%)が最も多くなっている。次いで交差点安全進行が17.3%、前方不注意が11.9%、ハンドル・ブレーキ操作不適が6.2%となった。

また、人的要因別に高齢運転者の交通事故発生状況を見てみると、脇見や考えごとをしていたことなどによる発見の遅れが約82.6%と最多。判断の誤り等が9.6%、操作上の誤りが7.4%と続いた。

文/編集・dメニューマネー編集部

(2022年4月13日公開記事)

【関連記事】
ガソリン以外も!ウクライナ情勢「値上げ」されるモノ3選
初心者向け!ネット証券オススメランキング(外部サイト)
これが「老後破産」の前兆!知っておくべき「NG行為」
SBI証券と楽天証券どちらで開設する?徹底比較(外部サイト)
貯金1000万円ためる人が「絶対にやらない」4つのこと