dメニューdメニュー

ガソリンだけじゃない!ウクライナ情勢で「値上げ」になるもの3選

2022/06/03 14:00

https://money.smt.docomo.ne.jp/image/zwLdMNHISlu4DmgPLOgqrA.jpg
ロシアによるウクライナへの軍事侵攻は、物価上昇という形で私たちの生活に影響を及ぼしています。一部の商品はすでに価格の高騰が始まっていますが、今後ますます値上げされるものとしては、どのようなものが挙げられるのでしょうか。 まだまだ値上げの終わりが見えない「ガソリン」 原油価格の上昇に伴い2021年より値上がりしていたガソ

ロシアによるウクライナへの軍事侵攻は、物価上昇という形で私たちの生活に影響を及ぼしています。一部の商品はすでに価格の高騰が始まっていますが、今後ますます値上げされるものとしては、どのようなものが挙げられるのでしょうか。

まだまだ値上げの終わりが見えない「ガソリン」

原油価格の上昇に伴い2021年より値上がりしていたガソリン価格は、2022年のウクライナ情勢でさらに高騰すると考えられます。

ロシアの原油生産量は世界第3位。経済制裁によりロシア産の原油の輸入がストップすると、世界的に原油が供給不足になってしまいます。

政府がガソリン価格の値上げ対策を打ち出してはいるものの、侵攻が終わらない限り、根本的な値上げを止めることはできないでしょう。

ノルウェーサーモンが幻の魚になるかも「水産物」

ロシアは、日本にとって水産物輸入先第4位の国です。中でもカニは全体の約6割をロシアから輸入しています。

もし経済制裁でロシアから水産物の輸入を停止すれば、水産物の高騰は避けられません。ただし2022年3月時点では、政府はロシア産の水産物の禁輸は見送る方向です。

ロシアは欧州各国の航空会社に対してロシア領空の航空を禁止。これに伴い、ロシアを通過して日本へと運ばれるノルウェーサーモンの調達が難しくなってしまいました。別のルートを経由して輸入すると輸送コストは倍増。そのぶん価格の上昇が予想されます。

日本の麺類がピンチ?「小麦・そば」

日本は小麦の大部分を海外からの輸入に頼っています。輸入先はアメリカ、カナダ、オーストラリア。一見ロシアは関係ないように思われるかもしれませんが、実はロシアは世界最大の小麦輸出国です。

ロシアやウクライナ産の小麦の供給不安が高くなると、アメリカ、カナダ、オーストラリア産の小麦の「奪い合い」が起こることも考えられます。現在、小麦市場は高騰し日本にも大きな影響を及ぼしています。

またロシアは、そばの生産量が世界第1位。ウクライナ情勢でそばの供給量が不足すれば、市場価格への影響は避けられません。

小麦で作られるうどん、ラーメン、パスタやパン、それにそば……。今まで家計の味方だった麺類の大幅値上げも、すぐそこに迫っているかもしれません。

何かと物入りな新年度に直撃する値上げラッシュは、お財布にきびしいもの。家計の面から考えてもロシアのウクライナ侵攻は、決して「対岸の火事」ではないといえそうです。

文・山田千景(ライター)
編集・dメニューマネー編集部

【関連記事】
60歳以上が半数以上!「警備員」の給料はいくら?
初心者向け!ネット証券オススメランキング(外部サイト)
4月に変更!「年金を多く受け取る」ために知りたい3つのこと
SBI証券と楽天証券どちらで開設する?徹底比較(外部サイト)
定年後の再雇用で年金が増える人、減る人【老後の備え】

(2022年4月2日公開記事)