dメニューdメニュー

「テレワーク続けたい」が6割超。「プライベートと分けられない」の声も【調査】

2022/06/17 13:00

https://money.smt.docomo.ne.jp/image/nd0EHEOrTWO3BsFsDjXnlA.jpg
「コロナ禍のテレワーク」についてアンケートを実施したところ、67%がテレワークで働きたいと回答した。一番多かった理由は、テレワークのメリット同様「通勤ストレスがないため」だった。 テレワークの経験があると答えた人はコロナ禍以前の10倍 調査を実施したのはエン・ジャパン <4849> 。「エン転職」を利用する1万1,60

「コロナ禍のテレワーク」についてアンケートを実施したところ、67%がテレワークで働きたいと回答した。一番多かった理由は、テレワークのメリット同様「通勤ストレスがないため」だった。

テレワークの経験があると答えた人はコロナ禍以前の10倍

調査を実施したのはエン・ジャパン <4849> 。「エン転職」を利用する1万1,605人を対象に2〜3月にかけて行われた。

テレワーク制度を使ったことがある人は31%いたが、新型コロナウイルス感染拡大前、2019年の調査では3%だったことから、10倍になった計算だ。

テレワークで感じたメリット、トップ3は「通勤ストレスがない」が86%、「コロナウイルス感染などのリスクを減らせる」が78%、「人間関係のストレスがない」が40%という結果となった。

通勤ストレスがないと答えた人が82%

今後、テレワークで働きたいか(働いたことがある人は、引き続き働きたいと思う)尋ねたところ、67%が「思う」と答えている。

年代別でみると20代、30代が全体平均を上回り、若い世代ほどテレワークを希望することが判明した。

「今後もテレワークで働きたい」と回答した人に理由を聞いたところ、トップ3は「通勤ストレスがないため」(82%)、「コロナウイルス感染などのリスクを減らせるため」(67%)、「通勤時間を気にせず、住む場所を選べるため」(49%)という結果になった。

また、「今後もテレワークで働きたいと思わない」「わからない」と回答した人に理由を尋ねると、「仕事とプライベートをハッキリ分けられるか不安なため」(56%)という答えが多く見られた。

文/編集・dメニューマネー編集部

(2022年4月16日公開記事)

【関連記事】
ガソリン以外も!ウクライナ情勢「値上げ」されるモノ3選
初心者向け!ネット証券オススメランキング(外部サイト)
これが「老後破産」の前兆!知っておくべき「NG行為」
SBI証券と楽天証券どちらで開設する?徹底比較(外部サイト)
貯金1000万円ためる人が「絶対にやらない」4つのこと