dメニューdメニュー

コロナ前よりも売上80~90%減少!ツアーコンダクターの給料はどれくらい?

2022/06/28 09:00

https://money.smt.docomo.ne.jp/image/8iHhG4xOSQy2sjMsfXugbA.jpg
ゴールデンウィークには多くの人が観光に出かけることが予想されますが、観光地に欠かせないのがツアーコンダクターです。 コロナ禍で収入の大幅減やリストラが話題になったツアーコンダクターですが、現在はニーズが回復しつつあります。彼らはどれくらい稼いでいるのでしょうか。 コロナ禍が決定打に!全く稼げない人が続出 ツアーコンダク

ゴールデンウィークには多くの人が観光に出かけることが予想されますが、観光地に欠かせないのがツアーコンダクターです。

コロナ禍で収入の大幅減やリストラが話題になったツアーコンダクターですが、現在はニーズが回復しつつあります。彼らはどれくらい稼いでいるのでしょうか。

コロナ禍が決定打に!全く稼げない人が続出

ツアーコンダクターの雇用形態はあまり知られていませんが、実は旅行会社の正社員として働く人はわずかで、ほとんどが専門の派遣会社から派遣されて働いています。

賃金は日当制が多く、1日あたりの金額は以下のとおり。これに1,000円〜3,000円ほどの手当が加わります。平均年収は、300万円〜350万円ほどです。

国内添乗 7000円~12000円
海外添乗 8000円~25000円

時差や長距離移動の負担が大きく、スキルも求められる職業ですが賃金は少なめで、決して労働環境が良いとはいえません。

これにコロナ禍が追い討ちをかけ、さらに厳しい状況に立たされました。海外旅行は軒並みキャンセルされ、雇用形態の特性上、まったく稼げない人が続出したのです。

日本添乗サービス協会(一般社団法人)の2021年8月の調査によると、2019 年度の売上から 80~90%減少したと回答した会員が29%、次いで90%以上減少が26%ということが分かりました。70~80%減少(24%)も含めると、約 8 割の会員の売上が大きく減少したことになります。

また、売り上げの減少により、ワクチン接種会場や国家試験の試験官といった畑違いの仕事で、急場をしのぐことを余儀なくされた人もいます。

コロナの影響を受けた職業の中でも、ツアーコンダクターは最もダメージが大きかったものの一つといえるでしょう。

コロナ後は年収アップ?さらに需要減?

もともと厳しかった待遇に加えて、コロナ禍で大打撃を受けたツアーコンダクターですが、感染が落ち着きつつある現在は状況が変化しています。

コロナによる離職から業界全体で人手が足りなくなり、各企業が人員確保を進めているのです。

業界を離れた人の再雇用も予想され、これまでよりも待遇が向上する可能性もあります。とないえ現状経営に余裕のない観光業界で、各社がどれだけ人件費を割けるかは未知数です。

一方で、最近はARガイドを始めとするデジタル活用の動きも活発化しており、そもそもツアーコンダクターを必要としないサービスが普及する可能性もあります。

今後数年の業界の動向次第で、職業としてのツアーコンダクターの将来が決まるかもしれません。

文/編集・dメニューマネー編集部

(2022年4月27日公開記事)

【関連記事】
ガソリン以外も!ウクライナ情勢「値上げ」されるモノ3選
初心者向け!ネット証券オススメランキング(外部サイト)
これが「老後破産」の前兆!知っておくべき「NG行為」
SBI証券と楽天証券どちらで開設する?徹底比較(外部サイト)
貯金1000万円ためる人が「絶対にやらない」4つのこと