dメニューdメニュー

ボードゲームでマネー教育!学研「お買い物ゲーム」

2022/04/30 08:00

https://money.smt.docomo.ne.jp/image/KYRLQOz3TQynw1XOR8Q--g.jpg
ゲームといえば、スマホやテレビなどで楽しめるデジタルなものが大人気の中で、逆にアナログなボードゲームが注目されています。ボードゲームカフェが生まれたり、『ボードゲーム総選挙2022』(扶桑社)というムックが発売されたりしています。 子どもと過ごす時間が増えるGWは、楽しみながらお金について学べるボードゲームを楽しんでみ

ゲームといえば、スマホやテレビなどで楽しめるデジタルなものが大人気の中で、逆にアナログなボードゲームが注目されています。ボードゲームカフェが生まれたり、『ボードゲーム総選挙2022』(扶桑社)というムックが発売されたりしています。

子どもと過ごす時間が増えるGWは、楽しみながらお金について学べるボードゲームを楽しんでみてはいかがでしょうか。

お金の基礎を楽しく学ぶ──どうぶつ村のおかいものゲーム

「どうぶつ村のおかいものゲーム」は、お金の種類、大小、お買い物の仕方など、お金の基礎を楽しく学ぶことができるゲーム。幼児から小学生低学年くらいの、お金に初めて触れる子どもでも遊べます。

幼児から遊ぶことができますが、1,000円を超えるお金の計算など、小学校低学年以上でないと少し難しいゲームもあるため、小学生になってから取り入れるのがいいかもしれません。

すごろくしながらお買い物をするといったもののほか、8種類のミニゲームもあり、いろいろな角度からお金の基本を学べます。

「どうぶつ村のおかいものゲーム」1320円(税込み)
対象年齢:3~7歳
発売元:学研プラス(学研ホールディングス <9470> グループ会社)

文・佐々木佐奈(ライター)
編集・dメニューマネー編集部
画像・学研プラス

【関連記事】
ガソリン以外も!ウクライナ情勢「値上げ」されるモノ3選
初心者向け!ネット証券オススメランキング(外部サイト)
これが「老後破産」の前兆!知っておくべき「NG行為」
SBI証券と楽天証券どちらで開設する?徹底比較(外部サイト)
貯金1000万円ためる人が「絶対にやらない」4つのこと