dメニューdメニュー

ブックオフで使える買物券2,000円分がもらえる「ブックオフグループホールディングス 」 【5月の株主優待】

2022/05/04 07:00

https://money.smt.docomo.ne.jp/image/wwvnvvQORSiTa8K0Hr8Qmg.jpg
「本を売るならブックオフ」のCMでおなじみ、本・CD,ゲームソフトや衣料品、家電などのリユース事業を行っている、ブックオフグループホールディングス<9278> 。リユース店舗は日本全国で773店舗(2021年5月末現在)あり、年間利用者数9,000万人の日本最大リユースチェーンです。 2022年4月に、横浜

「本を売るならブックオフ」のCMでおなじみ、本・CD,ゲームソフトや衣料品、家電などのリユース事業を行っている、ブックオフグループホールディングス<9278> 。リユース店舗は日本全国で773店舗(2021年5月末現在)あり、年間利用者数9,000万人の日本最大リユースチェーンです。

2022年4月に、横浜信用金庫と横浜市社会福祉協議会と連携し、SDGsの普及と地域福祉を推進する連携協定を締結しました。横浜信金全支店に不要になった本、CD、ゲームソフトなどを入れる集荷ボックスを設置し、ブックオフが査定。買取金額の全てを生活困窮者への支援事業などの地域福祉活動に充てるものです。この集荷ボックスは2022年4月より設置予定です。

同社の株主優待は、店舗で使えるお買い物券です。

3年以上の継続保有でさらなる特典がもらえる

ブックオフグループホールディングスの株主優待は、100株以上持っている株主が優待対象で、保有株式数や保有期間により優待内容が変わります。

100株以上でお買い物券2,000円分、200株以上で3,000円分、500株以上で5,000円分もらえます。3年以上保有していると100株以上で2,500円分、200株以上で4,000円分、500株以上で7,500円分です。

また、100株以上の保有で書籍買取金額 20%アップ券2枚ももらえます。

国内のブックオフグループ店舗で利用可能ですが、現金との引き換えはできません。詳細は同社Webサイトで確認できます。

銘柄コード9278
発行基準日5月末
内容優待買物割引券・書籍買取金額アップ券
発行日9月
株価1,013円(2022年5月2日終値)
投資最低必要額101,300円
優待に必要な額101,300円
優待利回り1.97%
IRページ https://www.bookoffgroup.co.jp/ir/

文/編集・dメニューマネー編集部
画像・Morakot/ stock.adobe.com(画像はイメージです)

※この記事は優待情報の紹介が目的で、個別銘柄への投資を推奨するものではありません。株価や優待内容は変わることがありますので、投資を検討される際は必ずご自身でお確かめください。

【関連記事】
ガソリン以外も!ウクライナ情勢「値上げ」されるモノ3選
初心者向け!ネット証券オススメランキング(外部サイト)
これが「老後破産」の前兆!知っておくべき「NG行為」
SBI証券と楽天証券どちらで開設する?徹底比較(外部サイト)
貯金1000万円ためる人が「絶対にやらない」4つのこと