dメニューdメニュー

借金が家族にバレる4つのタイミング 秘密にしてるなら要チェック

2022/07/18 18:12

https://money.smt.docomo.ne.jp/image/3iSImqp4QICLG4JvMCLtVA.jpg
「借金をしても家族に内緒」という人は意外といるものです。借金しても期日どおりに返済していれば家族にバレませんが、返済が遅れるとバレるリスクが高まります。また、日常生活の些細なできごとからバレることもあります。 借金がバレるきっかけつのタイミング 1 業者からの督促の電話 返済が滞って業者からかかってくる催促の電話が、バ

「借金をしても家族に内緒」という人は意外といるものです。借金しても期日どおりに返済していれば家族にバレませんが、返済が遅れるとバレるリスクが高まります。また、日常生活の些細なできごとからバレることもあります。

借金がバレるきっかけつのタイミング

1 業者からの督促の電話

返済が滞って業者からかかってくる催促の電話が、バレるきっかけになります。自分のスマホならともかく固定電話にかかってくると、言い逃れはできません。職場に電話がかかることもあります。

2 自宅に届いた内容証明郵便

返済が滞って自宅に内容証明郵便が届いてバレることもあります。「自宅に郵便物を送らないでほしい」と業者に頼むことはできますが、滞納が続き裁判に移行するところまでいくと、結局は自宅に郵便物が届きます。督促の電話にはできる限り出て、返済期日を決めるなど、返済に前向きな姿勢を示しましょう。

3 差し押さえ

業者が裁判所に申し立てると、最終的には給与を差し押さえられ、会社にも家族にも借金がバレてしまいます。差し押さえの前には、自宅に一括請求書や訴状などが届きます。このような郵便物が届いたときは、いよいよ差し押さえのリスクが高まっているため、注意してください。

4 日常会話や何気ない行動

滞納以外でも、日常の何気ない言動・行動から借金がバレることがあります。「お金の話題を不自然に避けている」「お金の使い方が変わった」など、些細なことから借金を疑われ、通帳やカード明細を見られて借金が発覚するケースが多々あります。

任意整理なら家族に知られず負担を減らせる

借金の返済が難しいときは、弁護士などの専門家に任意整理を依頼しましょう。任意整理とは、専門家が間に入り、利息や返済期間について交渉し、無理なく返済できるよう調整することです。

任意整理なら、家族に知られずに借金の負担を減らすことも可能です。ただし、新規の借入ができなくなったり、クレジットカードを利用できなくなったりするので、専門家に相談して慎重に判断しましょう。

文・木崎 涼(ファイナンシャル・プランナー)
編集・dメニューマネー編集部

(2022年5月16日公開記事)

【関連記事】
10月に「児童手当特例給付」が廃止へ
初心者向け!ネット証券オススメランキング(外部)
「老後破産」の前兆!知るべき「NG行為」
SBI証券と楽天証券どちらで開設する?(外部)
1000万円ためる人が「絶対にやらない」4つのこと