dメニューdメニュー

「ハイオク」と「レギュラー」はどう違う?

2022/07/30 11:50

https://money.smt.docomo.ne.jp/image/9pRS5_VNRUmZifQQgBUmoQ.jpg
ガソリンスタンドで給油をするときに選ぶ「ハイオク」や「レギュラー」。2つの内容はもちろん異なります。 現在、世界情勢を受けてガソリン価格が高騰しており、日常的に車を利用する個人や事業者は打撃を受けています。政府は令和4年度上半期中を燃料油価格激変緩和措置とし、石油元売り(消費者ではありません)に補助金を支給する政策を行

ガソリンスタンドで給油をするときに選ぶ「ハイオク」や「レギュラー」。2つの内容はもちろん異なります。

現在、世界情勢を受けてガソリン価格が高騰しており、日常的に車を利用する個人や事業者は打撃を受けています。政府は令和4年度上半期中を燃料油価格激変緩和措置とし、石油元売り(消費者ではありません)に補助金を支給する政策を行っています。

関心が高いガソリンの種類である「ハイオク」と「レギュラー」、どう違うか分かりますか?

車種により適切なガソリンは異なる

「ハイオク」とは、オクタン価が96以上のガソリンです。オクタン価とはガソリンの燃えにくさを数値で表したもので、ハイオクはレギュラーよりもオクタン価が高くなっています。

ガソリンの異常燃焼は「ノッキング現象」と呼ばれます。力強い走りを必要とするスポーツカーや輸入車などはレギュラーガソリンだとノッキング現象を起こしやすく、「ハイオク」が適しています。

一方、「レギュラー」とは、オクタン価が89以上のガソリンです。ハイオクが燃えにくいなら、レギュラーは燃えやすいのかというと、もちろんそんなことはありません。レギュラー仕様の車種にハイオクを入れても性能は変わらず、燃費が悪化する可能性すらあります。

ハイオクとレギュラーは販売価格が異なります。2022年5月9日時点の全国平均価格は、1リットルあたりハイオクが182円、レギュラーが171円でした。

解答:「ハイオクとレギュラー」の違いとは……

「ハイオク」とは、高オクタン価ガソリンのことで、「レギュラー」とはハイオクよりもオクタン価が低いガソリンのことです。

文/編集・dメニューマネー編集部

(2022年5月25日公開記事)

【関連記事】
10月に「児童手当特例給付」が廃止へ
初心者向け!ネット証券オススメランキング(外部)
「老後破産」の前兆!知るべき「NG行為」
SBI証券と楽天証券どちらで開設する?(外部)
1000万円ためる人が「絶対にやらない」4つのこと