dメニューdメニュー

6月1日からアイスや即席麺も値上げ!「まとめ買い」すべき?

2022/06/01 07:00

https://money.smt.docomo.ne.jp/image/-f6ziBZNSWGwyAFsVq-FCg.jpg
さまざまな商品やサービスが値上げされていますが、なかでも影響が大きいのが「食品」です。6月1日からは即席麺やアイス、調味料も値上げされるようです(文中価格は税抜き)。 「即席麺」──チャルメラ、マルちゃんなど、最大で12%アップ 軽食やランチに重宝する即席麺では、日清食品ホールディングス <2897> 、東

さまざまな商品やサービスが値上げされていますが、なかでも影響が大きいのが「食品」です。6月1日からは即席麺やアイス、調味料も値上げされるようです(文中価格は税抜き)。

「即席麺」──チャルメラ、マルちゃんなど、最大で12%アップ

軽食やランチに重宝する即席麺では、日清食品ホールディングス <2897> 、東洋水産 <2875> 、明星食品などが6月1日に値上げします。

各社とも希望小売価格をベースに、最大で12%のアップとなります。

たとえば即席袋麺では、明星食品の「明星チャルメラ5食パック」の価格が555円から615円に、60円アップ。東洋水産の「マルちゃん赤いきつねうどん」は、193円から214円と21円アップします。

「アイス」──「ピノ」「雪見だいふく」などが10〜30円値上げ

夏になると消費が増えるアイスも、森永乳業 <2264> やロッテなどが 6月1日から値上げします。森永乳業は10~30円の値上げを予定しており、「ピノ」や「PARM」(パルム)の希望小売価格が140円から150円へと10円アップするそうです。

ロッテでは箱入りの家庭用アイス「ミニ雪見だいふく30ml×9個」や「モナ王マルチ100ml×5個」が、希望小売価格350円から380円へと30円アップします。

「調味料」──「味の素」や酢など家庭用調味料も最大で10%台の値上げ

日々の料理で活躍する調味料も、味の素 <2802> やミツカンが6月1日から一部商品を値上げします。

味の素は、うま味調味料「味の素」をはじめとした家庭用製品の出荷価格を全体で約2~13%引き上げます。

ミツカンは「すし酢」や「カンタン酢」など家庭用商品の小売価格を約3~10%値上げするそうです。

アイスや「味の素」は長期保存できますが、即席麺の賞味期限は製造から6~8カ月が目安。「すし酢」や「カンタン酢」の賞味期限は未開封で360日です。

身近な商品が値上げされると聞くと、つい駆け込みでまとめ買いしたくなりますが、食べきれずに無駄になるかもしれません。まだまだ食品や飲料の値上げは続きます。冷静な判断をしていきましょう。

文・佐々木美紀(ライター)
編集・dメニューマネー編集部

【関連記事】
10月に「児童手当特例給付」が廃止へ
初心者向け!ネット証券オススメランキング(外部)
「老後破産」の前兆!知るべき「NG行為」
SBI証券と楽天証券どちらで開設する?(外部)
1000万円ためる人が「絶対にやらない」4つのこと