dメニューdメニュー

「コインランドリー投資」で成功するには?コロナの影響はわずかも競争激化!

2022/05/30 20:00

https://money.smt.docomo.ne.jp/image/6p0F00nHQAqFpzukGA8OxQ.jpg
「コインランドリー投資」が注目を集めて久しい。特にここ数年、「副業・複業」や「FIRE」(経済的自立にともなう早期退職)が関心を集めていることも拍車をかけている。コロナ禍であらゆるビジネスが影響を受けているが、コインランドリー投資はどうなのだろうか。利用者を対象にしたアンケート調査を参考に、実態を確かめてみよう。 コイ

「コインランドリー投資」が注目を集めて久しい。特にここ数年、「副業・複業」や「FIRE」(経済的自立にともなう早期退職)が関心を集めていることも拍車をかけている。コロナ禍であらゆるビジネスが影響を受けているが、コインランドリー投資はどうなのだろうか。利用者を対象にしたアンケート調査を参考に、実態を確かめてみよう。

コインランドリー市場は拡大、コロナの影響は小さかった?

コインランドリーは一種の不動産投資だ。一度物件・店舗を用意すれば、あとは主に洗濯機や乾燥機のメンテナンスをすればよく、飲食店や雑貨店などのような人件費はほとんどかからない。

コインランドリーの店舗数は、年間 300〜500店舗のペースで増加していて、2003 年 と 2013 年とを比較すると、10 年間で 3,000 店舗増加している。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響はないのだろうか。テレワークが増え、ワイシャツやスーツを中心としたアパレル製品は販売不振に陥った。これにともなってクリーニング業界の業績は悪化した。

しかしながら、コインランドリー市場は、2020年の緊急事態宣言発令でも営業自粛要請の対象業種ではなく、影響は軽かったという。とはいえ、業者が増えたこともあってか、コインランドリー業者の中でも好調なところと、そうでないところの差が広がってきているようだ。

コインランドリー利用者の声

これからコインランドリー事業で成功するにはどうすればいいのだろうか。参考になるのが利用者アンケート調査だ。

マイボイスコムがコインランドリーに関する調査をしたところ、直近1年間に利用した人は2割弱だった。性別・年代別では、最も多かったのが男性10〜30代で、4割強だったという。

コインランドリーについて気になることを尋ねたところ(複数回答)、「衛生面で不安」が47.8%、「他の人が使った後の、ウイルスや汚れが気になる」「料金が高い」「洗濯機や乾燥機の手入れがされているか気になる」が3割前後となり、コインランドリー非利用意向者では、「衛生面で不安」の比率が特に高かった。

利用したいと思うコインランドリーの特徴も複数回答で聞いたところ、「清潔感がある」 が53.4%、ほかに「毛布や布団など、大物の洗濯物に対応」「料金が割安」「防犯対策が充実している」「洗濯機・乾燥機が高性能」が各30%台あったという。

またコインランドリーを月に1回以上利用する層では、「清潔感がある」の他、「店内が明るい」も上位にあがったという。

コインランドリー投資を始めるのならば、立地や設備とともに、こういった要望にこたえることが欠かせないだろう。

文/編集・dメニューマネー編集部

【関連記事】
10月に「児童手当特例給付」が廃止へ
初心者向け!ネット証券オススメランキング(外部)
「老後破産」の前兆!知るべき「NG行為」
SBI証券と楽天証券どちらで開設する?(外部)
1000万円ためる人が「絶対にやらない」4つのこと