dメニューdメニュー

モロゾフのチョコレートなどの自社製品2,000円相当がもらえる「モロゾフ 」 【7月の株主優待】

2022/06/24 07:00

https://money.smt.docomo.ne.jp/image/wYtDtoCVTu2yJqROsFmcyQ.jpg
神戸市に本社を置き、洋菓子の製造・販売、喫茶・レストラン運営を行っている、モロゾフ <2217> 。洋菓子の販売は百貨店や専門店を中心に1,256店舗出店しています。 モロゾフは神戸でチョコレート、キャンディショップを経営していた、ロシア人のフィヨドル・ドミトリー・モロゾフ氏が神戸商工会議所へ共同経営者の紹

神戸市に本社を置き、洋菓子の製造・販売、喫茶・レストラン運営を行っている、モロゾフ <2217> 。洋菓子の販売は百貨店や専門店を中心に1,256店舗出店しています。

モロゾフは神戸でチョコレート、キャンディショップを経営していた、ロシア人のフィヨドル・ドミトリー・モロゾフ氏が神戸商工会議所へ共同経営者の紹介を依頼したのがきっかけで1931年誕生しました。

創業とともに誕生した、ウィスキーボンボンはスコッチウイスキーの芳醇な味と香りが楽しめ、今も愛されているロングセラー商品です。創業翌年の1932年、日本で初めてバレンタインチョコレートを発売し、「バレンタインデーにチョコレートを贈る」という風習を日本に紹介しました。

1962年モロゾフの喫茶メニューから始まったカスタードプリンは、一番人気の商品で年間650万個以上製造されています。牛乳・卵・砂糖などシンプルな材料で進化しながらも変わらない味を守り続けています。2022年5月に発売60周年を記念し、「濃いたまごのカスタードプリン」を発売しました。定番のカスタードプリンに比べ、卵黄の配合比率を約1.8倍に増量し、濃厚で食べ応えのある味わいとなっています。

同社の株主優待は、優待券と自社商品から選べます。

3年以上の継続保有でさらなる特典がもらえる

株主優待は100株以上持っている株主が優待対象で、保有期間により優待内容が変わります。

100株以上を3年未満の保有で優待券5冊(20枚綴)か自社商品2,000円相当から1つ選べます。また、3年以上保有していると、優待券5冊(20枚綴)、2,000円相当の自社商品A、Bから2つ選択可能です。

1,000株以上を3年未満保有している場合は、優待券10冊(20枚綴)か3,000円相当の自社商品のどちらか1つ、3年以上なら優待券10冊、3,000円相当の自社商品A、Bの中から2つもらえます。

優待券は同社の指定店や通信販売で利用でき、割引前本体価格1,000円までの現金でのお買い物や飲食が20%割引となります。

オンラインショップの優待割引も

100株以上保有の株主が対象で、モロゾフオンラインショップでの優待割引もあり、年4回20%割引で商品を購入することができます。1回あたりの利用上限額は10,000円です。オンラインショップは会員登録が必要となり、7,000円以上の購入で送料無料となります。詳細は同社Webサイトで確認できます。

銘柄コード2217
発行基準日7月
内容株主優待券、自社製品
発行日11月
株価3,490円(2022年6月23日終値)
投資最低必要額349,000円
優待に必要な額349,000円
優待利回りN/A
IRページ https://www.morozoff.co.jp/company_ir/

文/編集・dメニューマネー編集部
画像・Free1970 / stock.adobe.com(画像はイメージです)

※この記事は優待情報の紹介が目的で、個別銘柄への投資を推奨するものではありません。株価や優待内容は変わることがありますので、投資を検討される際は必ずご自身でお確かめください。

【関連記事】
「ふるさと納税」するなら読みたい記事
初心者向け!ネット証券オススメランキング(外部)
銀行員が知る「老後破産」する人の危ない行動
SBI証券と楽天証券どちらで開設する?(外部)
金運ダウン?玄関に置いちゃダメなモノ3選