dメニューdメニュー

円安で保険料が高くなる「ドル建て保険」考えたい2つの選択肢

2022/08/28 10:25

https://money.smt.docomo.ne.jp/image/dm_krDpPSz-OfnIUoK4PGA.jpg
円安が進んでドル建て保険の保険料が大きく上がっています。ドル建て保険は保険料がドル表記のため、円安になるとそのドルを支払うために必要な円が増え、保険料が実質的に上がる仕組みです。これからドル建て保険を考えている人や、既に加入している人は何か対策はないのでしょうか。 払った保険料よりも解約返戻金が増えていたら解約を検討

円安が進んでドル建て保険の保険料が大きく上がっています。ドル建て保険は保険料がドル表記のため、円安になるとそのドルを支払うために必要な円が増え、保険料が実質的に上がる仕組みです。これからドル建て保険を考えている人や、既に加入している人は何か対策はないのでしょうか。

払った保険料よりも解約返戻金が増えていたら解約を検討

ドル建て保険は契約してすぐ解約すると、払った保険料よりも解約返戻金が少なくなりますが、現在は急激な円安によって、今解約してもプラスになるケースがあります。

保険の見直しを考えている人は、保険会社に問い合わせをして、解約返戻金を確認しましょう。既に払った保険料と比べて解約返戻金が増えているようなら、解約もありです。

ただ、解約すると、保険の本来の目的である死亡保障もなくなってしまうので、代わりに掛け捨ての死亡保険に入るなど、対処が必要です。

解約が損になる人は払済保険にしておく

ただ、今まで払った保険料よりも解約返戻金が少なくなりそうなら、解約するのではなく、保険料の支払いを中止して塩漬けする「払い済み保険」という方法があります。

こちらは解約をしないため、解約返戻金を受け取れませんが、保険料の支払いを中止した後も、確実に解約返戻金は増えますので、損せずに済むかもしれません。

ドル建て保険の加入目的を今一度考えよう

これからドル建て保険に入る人は、改めて入る目的を考えましょう。今までは、ドル建て保険は円よりも利回りが高いので、貯蓄目的で入る人が多くいましたが、円安になると、保険料は以前よりも高額になるからです。

これからさらに円安が進めば、解約時にはお得になりますが、将来の為替は誰にも分かりません。日本で生活している人は、ドルを持っていても、日本では使えませんので、必ず円に換える必要があります。

ドル建て保険は、常に為替リスクと付き合わなければならないのです。ドル建て保険に入る人は、為替リスクを充分に理解してから入りましょう。

文・小宮崇之(保険代理店経営のファイナンシャル・プランナー)
編集・dメニューマネー編集部

(2022年6月26日公開記事)

【関連記事】
「ふるさと納税」するなら読みたい記事
初心者向け!ネット証券オススメランキング(外部)
銀行員が知る「老後破産」する人の危ない行動
SBI証券と楽天証券どちらで開設する?(外部)
金運ダウン?玄関に置いちゃダメなモノ3選

記事制作者