dメニューdメニュー

【コロナ禍】海外旅行のルール緩和!行きやすくなった?「保険」が入国の条件という国がある?

2022/09/10 09:55

https://money.smt.docomo.ne.jp/image/37oZeerqS_SCdFrnK6dqdw.jpg
日本へ帰国する時のルールが緩和され、夏に海外旅行を行く人は昨年よりも多くなると予想されています。コロナ禍を経たことでこれまでとルールが変わった点もあるので、海外旅行を検討している人は注意が必要です。 日本に帰国した時──ワクチン3回接種で隔離は不要 現在、ワクチン接種を3回受けている人は、主要な国からの帰国した後、自宅

日本へ帰国する時のルールが緩和され、夏に海外旅行を行く人は昨年よりも多くなると予想されています。コロナ禍を経たことでこれまでとルールが変わった点もあるので、海外旅行を検討している人は注意が必要です。

日本に帰国した時──ワクチン3回接種で隔離は不要

現在、ワクチン接種を3回受けている人は、主要な国からの帰国した後、自宅や施設で隔離する必要がありません。ワクチン接種などの条件を満たせば、空港でのPCR検査も不要です。

このように、日本に帰国する際のルールは緩和されました。

日本から出国する時──ワクチン証明書や渡航前のPCR検査が必要な場合も

出国する際のルールも以前と変わっています。各国がコロナ対策として入国要件を設定しており、ワクチン接種の証明書やPCR検査が必要な場合があるのです。

たとえば韓国では、ワクチン接種の証明書と入国前48時間以内のPCR検査が必要です。

国内でPCR検査をして陰性証明書を発行するには、多くの場合で1万円以上の費用がかかり、検査が予約制となっている場合が多いため、早めに準備しておく必要があります。

国によってルールが違い、アメリカなどはワクチン接種の証明書は必要で、入国前のPCR検査は不要です。ベトナムなどはワクチン接種の証明書、入国前のPCR検査が両方とも要りません。各国の対応は様々です。

旅行前に各国のルールを確認して、ワクチン接種の証明書やPCR検査の証明書が必要であれば、早めに準備するといいでしょう。

海外旅行保険の加入を入国の条件にしている国もある

海外からの旅行客に、海外旅行保険を必須としている国もあります。

たとえばベトナムは、入国にはワクチン接種の証明書やPCR検査は要らないと紹介しましたが、新型コロナウイルスに対応している1万ドル(約135万円)以上の保険に入っていることが必要です。

海外旅行保険は、通常は1日あたり数百円程度で加入できます。クレジットカードに海外旅行保険が付帯している場合もあるので、手持ちのクレカを確認してみましょうす。

コロナ禍を経て海外渡航・入出国のルールが以前と変わっています。今後も状況によって変わる可能性があるので、旅行に行く際にしっかりと確認しましょう。

文/編集・dメニューマネー編集部

(2022年7月10日公開記事)

【関連記事】
「ふるさと納税」するなら読みたい記事
初心者向け!ネット証券オススメランキング(外部)
銀行員が知る「老後破産」する人の危ない行動
SBI証券と楽天証券どちらで開設する?(外部)
金運ダウン?玄関に置いちゃダメなモノ3選