dメニューdメニュー

マイナポイント第2弾!第1弾申し込み済みの人がもらえる最大ポイントは?

2022/07/14 10:30

https://money.smt.docomo.ne.jp/image/Xve7Zq3_Rme0zNjmM1tijQ.jpg
キャッシュレス決済とマイナンバーカードを普及させる目的で国が取り組む「マイナポイント事業」。キャンペーンで付与されたポイントは電子マネーなどに紐づけて利用できます。 2022年6月30日から始まったのはマイナポイント事業の「第2弾」です。「第1弾」は2021年12月末でいったん終了しましたが、一部内容は現在も継続中です

キャッシュレス決済とマイナンバーカードを普及させる目的で国が取り組む「マイナポイント事業」。キャンペーンで付与されたポイントは電子マネーなどに紐づけて利用できます。

2022年6月30日から始まったのはマイナポイント事業の「第2弾」です。「第1弾」は2021年12月末でいったん終了しましたが、一部内容は現在も継続中です。では、第1弾申し込み済みの人が今回もらえる最大ポイント数は、次のうちどれでしょうか。

(1)7,500円
(2)1万5,000円
(3)2万円

3つの施策に参加すると最大限までポイントがもらえる

正解は(3)2万円です。

マイナポイントの施策は3つあり、それぞれの条件を達成するごとにポイントがもらえます。1つ目は、マイナンバーカードを新規取得して、2万円までのチャージや買い物をすると、利用金額に対して25%のマイナポイント(上限5,000円分)を受け取れるものです。

マイナポイント事業第1弾のときに申し込み済みでも、まだチャージや買い物をしていなければ、上限の5,000円分まで受けることができます。

2つ目は、マイナンバーカードを健康保険証として利用申込をすれば7,500円分のポイントがもらえるものです。3つ目は、自分の預貯金口座を公金受取口座として国に登録すると、7,500円分のポイントが付与されるものです。

つまり、3つの施策でもらえるポイントを合計すると2万円になります。キャンペーンの申し込み期限は2023年2月末ですが、マイナンバーカード自体の申請期限は2022年9月末です。タイミングを逃さないようにしましょう。

文/編集・dメニューマネー編集部

【関連記事】
「ふるさと納税」するなら読みたい記事
初心者向け!ネット証券オススメランキング(外部)
銀行員が知る「老後破産」する人の危ない行動
SBI証券と楽天証券どちらで開設する?(外部)
金運ダウン?玄関に置いちゃダメなモノ3選