dメニューdメニュー

どんな意味?「オムニチャネル」──【ビジネス・カタカナ用語】

2022/07/17 09:00

https://money.smt.docomo.ne.jp/image/zcTCzg9dQ52NKOya21wNog.jpg
スマホが普及したことで生まれた販売戦略「オムニチャネル」。「オムニチャネル」は、実店舗とネットショップの垣根をなくした新しい買い物スタイルです。ヨドバシカメラは、多様化した消費行動に対応するために、いち早く「オムニチャネル」を取り入れ成功した企業です。 「オムニチャネル」は重要なマーケティング戦略ですが、詳しい意味を知

スマホが普及したことで生まれた販売戦略「オムニチャネル」。「オムニチャネル」は、実店舗とネットショップの垣根をなくした新しい買い物スタイルです。ヨドバシカメラは、多様化した消費行動に対応するために、いち早く「オムニチャネル」を取り入れ成功した企業です。

「オムニチャネル」は重要なマーケティング戦略ですが、詳しい意味を知っていますか?

「オムニチャネル」は全てのチャネルが連携した販売網

「オムニチャネル」とは、“全て”の意味を持つ“omni”と”経路や媒体“の意味を持つ”channel”からなるカタカナ語です。企業が顧客とあらゆるチャネルで接点を作り、それぞれのチャネルが連携することで、商品やサービスの購入へつなげるための販売戦略です。

チャネルには、ECサイトなどのwebサイトやSNS、メールマガジン、スマホアプリといったオンラインや実店舗などのオフラインも含まれます。

ヨドバシカメラは「オムニチャネル」戦略の先駆け

ヨドバシカメラは、「オムニチャネル」戦略を成功させた企業の一つです。ECサイトのヨドバシ.comは、家電製品や日用品の品揃えは圧倒的で、価格やポイントサービスは実店舗と一本化し、返品においても、実店舗とECサイトを統一させています。

実店舗では、顧客が商品を撮影することを許可しています。店舗とECサイトの併用を可能にしたことで、顧客がどの販路で購入するかを自由に選べるようになり、利便性が増して売り上げを伸ばしています。

また、実店舗とECサイトが在庫管理を連携することで、商品販売の機会を逃すことなくスムーズに顧客に商品を提供できます。更に、あらゆるチャネルから集められた顧客データで、顧客に対する理解を深められるため、個々の顧客に対して最適なアプローチが可能になり、顧客満足度アップにもつながっています。

文/編集・dメニューマネー編集部

【関連記事】
「ふるさと納税」するなら読みたい記事
初心者向け!ネット証券オススメランキング(外部)
銀行員が知る「老後破産」する人の危ない行動
SBI証券と楽天証券どちらで開設する?(外部)
金運ダウン?玄関に置いちゃダメなモノ3選