dメニューdメニュー

タクシー業界の業界用語「工事中」って知ってる?──【ビジネス・業界用語】

2022/09/19 10:55

https://money.smt.docomo.ne.jp/image/B19sYqu9Svagt2uf7ohSlQ.jpg
鉄道、バスと共に重要な交通手段である「タクシー」。特に夜間や悪天候時の移動には、欠かせない乗り物です。タクシーの車内では、配車や運行管理を無線でやり取りしていますが、「工事中」などの業界用語が使われることもあります。 『○○交差点付近で工事中』などと使われていますが、この業界用語知っていますか? 「工事中」は本当の工事

鉄道、バスと共に重要な交通手段である「タクシー」。特に夜間や悪天候時の移動には、欠かせない乗り物です。タクシーの車内では、配車や運行管理を無線でやり取りしていますが、「工事中」などの業界用語が使われることもあります。

『○○交差点付近で工事中』などと使われていますが、この業界用語知っていますか?

「工事中」は本当の工事中を指す言葉ではない

「工事中」とは、警察の交通取り締まりを指します。『○○交差点付近で工事中』とは、“警察の取り締まりが行われているので注意せよ”という意味です。実際に行われている工事は、「本工事」と呼ばれ、区別されています。

タクシーの車内では、乗客に無線でのやり取りがすべて聞こえてしまいます。業界用語が多く使われているのは、乗客への配慮だけでなく、ドライバーに危険が及んだ時などにも備えて、あえて乗客に分からないように工夫されています。

タクシーの運賃は地域差がある

タクシーの運賃は、各地域の運輸局長が全国100ブロックごとに定めた運賃が適用されます。そのため、初乗り運賃(上限運賃)と距離は、主要都市ごと異なります。

例えば、東京23区・武蔵野市・三鷹市は1.052㎞で420円、大阪府(大阪市域交通圏)は、1.7㎞で680円、福岡県(福岡交通圏)は1.6㎞で750円、北海道(札幌交通圏)は1.463㎞で670円、沖縄県(沖縄県本島地区)1.75㎞で560円となっています。(2021年1月1日現在)

文/編集・dメニューマネー編集部

(2022年7月19日公開記事)

【関連記事】
「ふるさと納税」するなら読みたい記事
初心者向け!ネット証券オススメランキング(外部)
銀行員が知る「老後破産」する人の危ない行動
SBI証券と楽天証券どちらで開設する?(外部)
金運ダウン?玄関に置いちゃダメなモノ3選