dメニューdメニュー

宝くじの「当選確率がアップ」する?買い方のコツ4選

2022/08/03 07:00

https://money.smt.docomo.ne.jp/image/KileOe4OS9m3RoiDNaYWVA.jpg
今年のサマージャンボ宝くじの当選金額は1等・前後賞を合わせると7億円と高額だが、これまでに高額当選した人は、買い方や保管についてこだわりがあるという。どのようなこだわりがあるのだろうか? 1 いつもの売り場で買う 宝くじでは、1,000万円以上の当選金を受け取った人を対象に、毎年アンケートを実施しており、購入した売り場

今年のサマージャンボ宝くじの当選金額は1等・前後賞を合わせると7億円と高額だが、これまでに高額当選した人は、買い方や保管についてこだわりがあるという。どのようなこだわりがあるのだろうか?

1 いつもの売り場で買う

宝くじでは、1,000万円以上の当選金を受け取った人を対象に、毎年アンケートを実施しており、購入した売り場を選んだ理由で最も多いのは「いつも買っているから」(約5割)。次いで「出かけたついでに」(約3割)、「有名な売り場」(約1割)となっている。

いつもの売り場で買うことは、高額当選の秘訣かもしれない。

2 連番・バラの割合にこだわる

ジャンボ宝くじなど買い方には、10枚のくじが入った「連番」や「バラ」のセット購入がある。

「連番」は組と番号の上から5ケタ目までが同じで、下1ケタが0〜9のセット。「バラ」は番号が連続しておらず、下1ケタが0〜9のセットだ。

高額当選者が宝くじを買う際に最もこだわるのは、連番とバラの割合だという。

1等と1等の前後賞を両方当てたいなら、連番で買ったほうがよい。一方、1等と1等の前後賞のどちらかでよければ、広い範囲を狙えるバラのほうが有利だ。自分がどちらを重視するかによって、連番とバラの割合を決めよう。

3 縁起の良い日に買う

高額当選者は、宝くじを「買う日」にもこだわる傾向がある。

暦を見ると、金運を呼び込むとされる吉日がある。一粒万倍日や天赦日、寅の日、巳の日は、宝くじを買うのに適しているといわれている。

縁起の良い日に宝くじを買えば、高額当選に近づくかもしれない。

4 宝くじを引き出しに保管する

風水では、通帳や宝くじなどを暗くて涼しい場所に保管すると、金運が上がるといわれている。引き出しやタンス、クローゼットの中などだ。

高額当選者が宝くじを保管していた場所で最も多かったのは「机の引き出し」だったので、実践してみる価値はあるだろう。

ただ、しまいっぱなしには注意したい。当選しても、当選金の支払期限である1年を過ぎると受け取れなくなるからだ。

2020年度は、1億円以上の時効当選金が10本もあったという。宝くじを買ったら、当選番号を調べるのを忘れないようにしよう。

文・廣瀬優香(フリーライター)
編集・dメニューマネー編集部
画像・Quality Stock Arts / stock.adobe.com(画像はイメージです)

【関連記事】
「ふるさと納税」するなら読みたい記事
初心者向け!ネット証券オススメランキング(外部)
銀行員が知る「老後破産」する人の危ない行動
SBI証券と楽天証券どちらで開設する?(外部)
金運ダウン?玄関に置いちゃダメなモノ3選

記事制作者