dメニューdメニュー

年間6000円!丸亀製麺で使える割引券「トリドールホールディングス」【9月の株主優待】

2021/09/10 08:00

https://money.smt.docomo.ne.jp/image/8pziikGmQOKOSzwvzgDkKg.jpg
人気うどんチェーン店の丸亀製麺の運営会社として知られるトリドールホールディングス <3397> の株主優待は、丸亀製麺をはじめ、コナズ珈琲や肉のヤマキ商店などのグループ店で利用できる割引券です。3月31日と9月30日を基準に年2回、持株数に応じて3000円から15000円相当が贈られます。 継続保有でさらに

人気うどんチェーン店の丸亀製麺の運営会社として知られるトリドールホールディングス <3397> の株主優待は、丸亀製麺をはじめ、コナズ珈琲や肉のヤマキ商店などのグループ店で利用できる割引券です。3月31日と9月30日を基準に年2回、持株数に応じて3000円から15000円相当が贈られます。

継続保有でさらに年間6000円分の割引券

さらに継続保有株主優遇制度が適用されれば、通常の優待品に追加で年に2回3000円の割引券が贈呈されます。対象となる条件は、9月30日および3月31日を基準日とする株主名簿に3回連続で200株以上の保有と記載されることです。

たとえば、2021年3月30日以降2021年9月30日までに200株を購入したとすると、2021年9月末、2022年3月末、2022年9月末までの保有で条件を満たすことになります。

優待対象は100株からですが、よりお得な継続保有特典を狙うならば約48万円かかります。

店舗実施のキャンペーンとも併用できる

優待券は100円ごとになっていて、他の金券・割引券・クーポンとの併用、持ち帰りでの利用も可能です。丸亀製麺の釜揚げうどんが並140円大200円で食べられる「釜揚げうどんの日」ならば、優待券2枚でおいしいうどんが食べられます。

ただし、券売機が設置されている店舗では一部使用できないこともあるそう。利用可能店舗の詳細は、同社のIRサイトで確認できます。

銘柄コード3397
発行基準日3月31日、9月30日
内容株主優待割引券
発送時期7月と12月
株価2,492円(2021年9月9日終値)
投資最低必要額24万9,200円
優待に必要な額24万9,200円
優待利回り2.41%(100株保有、継続保有優待なしの場合)
IRページhttps://www.toridoll.com/ir/investor/shareholder.html

文/編集・dメニューマネー編集部
画像・funny face / stock.adobe.com(画像はイメージです)

※この記事は優待情報の紹介が目的で、個別銘柄への投資を推奨するものではありません。株価や優待内容は変わることがありますので、投資を検討される際は必ずご自身でお確かめください。

【関連記事】
ドンキ店員の年収はいくら?
初心者向け!ネット証券オススメランキング(外部サイト)
「UCC」って何の略か知ってる?
株主優待をタダ取りする裏ワザとは?(外部サイト)
ディズニー「優待パスポート」いくら投資でもらえる?