dメニューdメニュー

「椿屋珈琲」「ダッキーダック」などで使える食事券「東和フードサービス」【10月の株主優待】

2021/10/04 08:00

https://money.smt.docomo.ne.jp/image/HYZdJyM_QIGvwi2Bm7y_eg.jpg
「椿屋珈琲」など喫茶・カフェ・レストランの外食店舗を運営をする東和フードサービス <3329> 。メニューへのカロリー表記など健康志向にこだわる同社の株主優待は、グループ店舗で使える食事券です。 4月は1,500円だが10月は1,000円 東和フードサービスの株主優待は4月と10月の年2回、自社グループ店舗

「椿屋珈琲」など喫茶・カフェ・レストランの外食店舗を運営をする東和フードサービス <3329> 。メニューへのカロリー表記など健康志向にこだわる同社の株主優待は、グループ店舗で使える食事券です。

4月は1,500円だが10月は1,000円

東和フードサービスの株主優待は4月と10月の年2回、自社グループ店舗で使用できる食事券が贈られます。100株以上の株主が対象で、4月は1,500円ですが10月は1,000円となります。

グループ店舗には「椿屋珈琲」のほかにパスタ&ケーキの「ダッキーダック」などがあります。カフェ利用でも食事利用でも使えるのが嬉しいですね。

食事券以外に自社製品の詰め合わせも選択可能

東和フードサービスは食事券以外に自社製品の詰め合わせも選べます。100株の場合は椿屋珈琲のブレンドコーヒーのみですが、株数を増やすと焼き菓子なども詰め合わせに含まれるようです。

同社の店舗は首都圏が中心なので、近くに店舗がない場合は、詰め合わせを選んではいかがでしょうか。

銘柄コード3329
発行基準日10月末、4月末
内容自社グループの優待食事券、製品詰め合わせ
発行日1月(10月基準)、7月(4月基準)
株価1,497円(2021年10月1日終値)
投資最低必要額14万9,700円
優待に必要な額14万9,700円
優待利回り1.67%(年間2,500円として)
IRページhttps://towafood-net.co.jp/investor/tabid/342/Default.aspx

文/編集・dメニューマネー編集部
画像・Nishihama / stock.adobe.com(画像はイメージです)

※ この記事は優待情報の紹介が目的で、個別銘柄への投資を推奨するものではありません。株価や優待内容は変わることがありますので、投資を検討される際は必ずご自身でお確かめください。

【関連記事】
全国でガソリンが一番高い県はどこ?
初心者向け!ネット証券オススメランキング(外部サイト)
あの有名メーカーもコロナ倒産……負債額ワースト5
株主優待をタダ取りする裏ワザとは?(外部サイト)
10月から時給と月給、給料が上がる人とは?