dメニューdメニュー

12月に宝くじや競馬で当たったら年末調整はやり直し?

2022/01/23 10:15

https://money.smt.docomo.ne.jp/image/IfNcZRUTQWyyRh-XO2E6pQ.jpg
年末調整の〆切は多くの会社で11月下旬~12月上旬です。その後に年末ジャンボや有馬記念で当たって所得額が変わると、修正は必要なのでしょうか?当たって喜んでいるうちに税金の手続きを忘れたら大変です。必要な手続きは何なのでしょうか。 宝くじの当選金は非課税、年末ジャンボに税金はかからない 所得があると所得税がかかりますが、

年末調整の〆切は多くの会社で11月下旬~12月上旬です。その後に年末ジャンボや有馬記念で当たって所得額が変わると、修正は必要なのでしょうか?当たって喜んでいるうちに税金の手続きを忘れたら大変です。必要な手続きは何なのでしょうか。

宝くじの当選金は非課税、年末ジャンボに税金はかからない

所得があると所得税がかかりますが、宝くじの当選金は例外的にかかりません。所得税の計算に含めないので、年末ジャンボで当たっても年末調整の修正は不要です。

たとえば家族が年末ジャンボで10億円当たっても、年収が103万円を超えたことになり扶養から外れるわけではありません。家族のパート・アルバイト収入が103万円以下であれば、扶養家族として所得控除を受けられます。

競馬の配当金は課税対象、有馬記念で当たると税金がかかることがある

競馬で当たった場合、50万円以下であれば所得税はかかりませんが、配当が高額だと税金がかかります。宝くじと違って競馬の当選金は所得税の対象です。

たとえば有馬記念で万馬券を当てた場合、給与も含めた年間所得額が1,000万円を超すと、配偶者控除は受けられません。また年末調整の書類提出後に、家族が競馬で儲けて所得額が変わると、扶養に入れなくなることがあります。

家族が扶養に入る前提で書類に記入していた場合は修正が必要です。所得控除を適用して税額が安くなるように申請したまま、放置してよいわけではありません。

年末調整の内容が変わったらすぐに人事担当者に連絡しよう

書類の提出後でも年末調整を修正できることがあります。修正が必要な場合は人事担当者に連絡して、修正が間に合うのか、確定申告で対応するのか、まずは確認しましょう。

また競馬で高額配当を得た場合など、会社員が給与以外に20万円を超す所得を得ると、翌年に確定申告が必要です。申告の際に納税も行うので、当選金を使う場合でも納税資金は残しておきましょう。

(2021年11月8日公開記事)

文・大垣秀介(マネーライター)
編集・dメニューマネー編集部

【関連記事】
11月は残業減らすとボーナスが増えるって本当?
初心者向け!ネット証券オススメランキング(外部サイト)
「預金がおろせない?」銀行員が教える、親の生前にやるべき3つのこと
株主優待をタダ取りする裏ワザとは?(外部サイト)
「無料で保険に入れます」クレカ会社から封筒がくる理由