dメニューdメニュー

FIREを達成する人がやっている5つのこと

2022/02/12 15:15

https://money.smt.docomo.ne.jp/image/ZhWNGgZTQ8mUaFF4RTJPTg.jpg
定年まで会社で働くのではなく、FIRE(Financial Independence, Retire Early、経済的自立・早期リタイア)して自由を謳歌する生き方が注目を集めています。FIREまでの道のりは人それぞれですが、実際のFIRE達成者が実践していることは、次の5つに大別できます。 実践していること1 生活費

定年まで会社で働くのではなく、FIRE(Financial Independence, Retire Early、経済的自立・早期リタイア)して自由を謳歌する生き方が注目を集めています。FIREまでの道のりは人それぞれですが、実際のFIRE達成者が実践していることは、次の5つに大別できます。

実践していること1 生活費を計算する

現状の生活費をもとに、FIRE後の生活費を計算します。FIREと同時に移住を考えているなら、移住先の家賃相場を調べてみましょう。また、旅行などFIRE後に実現したいことがあれば、その費用も含めておく必要があります。

実践していること2 目標資産額とFIREの種類を決める

FIREを達成するには、年間生活費の25倍の資産が必要といわれています。仮に生活費が年300万円なら、7,500万円の資産を築き、年利4%で運用できれば、元本を減らさず生活できます。

最近では、特技を活かした仕事や在宅ワークなどで収入を補いながら生活するサイドFIREも人気です。サイドFIREなら、目標資産額も少なくてすみ、早くにFIREを実現できる可能性が高まります。

実践していること3 買い物の基準を見直す

目標を決めたら、資産運用に回す元手を増やすため、支出カットに取り組みましょう。ただし、無理な節約でストレスを溜めるのは避けたいものです。衝動買いなど後悔するお金の使い方をしていないか、サブスクなど惰性で使っているお金はないか、買い物の基準を見直してみてください。

実践していること4 自分に合った資産運用をする

資産運用にはたくさんの種類があり、人によって向き不向きがあります。株式や投資信託、不動産など、さまざまな商品の中から自分に合うものを選びましょう。金融商品なら、まずは少額から投資して適性を見極めることも大切です。

実践していること5 FIRE後の生活を思い描く

FIREを夢見るだけでなく、FIRE後の生活を具体的に想像することがモチベーション維持につながります。また、具体的に想像しておけば、FIRE後に理想とのギャップに悩む可能性も減るでしょう。

悩んで決断しない人、決断して動き出せる人

悩んで決断を先送りにしても、理想の生活を実現することはできません。大切なのは、決断して行動を起こすことです。将来の自分が悔いを残さない選択をしてください。

文・木崎涼(ファイナンシャル・プランナー)
編集・dメニューマネー編集部

(2021年12月25日公開記事)

【関連記事】
「年金」いくらもらえる?「月20万円」で足りる?
初心者向け!ネット証券オススメランキング(外部サイト)
最も稼げる「国家資格」は?医師でも勝てない仕事
株主優待をタダ取りする裏ワザとは?(外部サイト)
確定申告しないと税務署にバレる?よくある5つのケース