dメニューdメニュー

金運アップしたいなら参拝したい神社5選【東京23区編】

2022/02/13 15:00

https://money.smt.docomo.ne.jp/image/qf7czww2S5yKjsd3NTEnHA.jpg
今年をお金に恵まれる1年にしたいなら、金運アップが期待される神社にお参りるのはいかがでしょうか。東京23区には、金運上昇のご利益があると言われる神社が数多く存在しています。 ご利益がすごいと大行列──小網神社(中央区日本橋) 小網神社は「第二次世界大戦の際、小網神社のお守りを持った兵士が全員生還した」「東京大空襲の際、

今年をお金に恵まれる1年にしたいなら、金運アップが期待される神社にお参りるのはいかがでしょうか。東京23区には、金運上昇のご利益があると言われる神社が数多く存在しています。

ご利益がすごいと大行列──小網神社(中央区日本橋)

小網神社は「第二次世界大戦の際、小網神社のお守りを持った兵士が全員生還した」「東京大空襲の際、奇跡的に戦災を免れた」ことなどから「強運厄除の神さま」として崇められています。小さな神社ですが、訪れると圧倒的な存在感を実感するでしょう。

金運をアップさせたいなら、社殿の左側にある「銭洗いの井」でお金を清めて財布に入れておきましょう。ご利益を期待する人が並ぶ初詣の大行列は、日本橋の正月の風物詩。1~2時間は待つ覚悟が必要ですので、暖かい格好で出かけましょう。

公式サイト
https://www.koamijinja.or.jp/ 
所在地
東京都中央区日本橋小網町16-23

宝くじや競馬で一攫千金──皆中稲荷神社(新宿区百人町)

新大久保駅の近くにある皆中稲荷神社は、別名「的中神社」。宝くじや馬券の的中を祈願する人に人気です。名前の由来は江戸時代、この地にいた鉄砲隊の隊士が、稲荷の霊符を授かったところ、一晩で百発百中の腕前に上達したとされること。霊符を受けた全員が百発百中したため、皆中(みなあたる)の名がつき、皆中稲荷神社と呼ばれるようになりました。

一攫千金を狙う人に好評なのは、境内で売られている黄色い宝くじ入れ。当せん発表前のジャンボ宝くじを入れておくとよいかもしれません。

公式サイト
https://www.kaichuinari-jinja.or.jp/ 
所在地
東京都新宿区百人町1-11-16

出世で収入増を狙うなら──代々木八幡宮(渋谷区代々木)

代々木八幡宮は、芸能人にも人気のパワースポット。手相芸人の島田秀平さんによると、芸能人の間には「この神社の近くに引っ越すと大ブレイクする」とのうわさもあるそうです。

代々木八幡宮のご祭神は「八幡さま」として知られる応神天皇。応神天皇は「出世開運」の神様ですから、拝殿に参拝するだけでもご利益が期待できますが、より出世運を招き寄せたいなら、拝殿の右にたたずむ「出世稲荷大明神」にも足を運びましょう。出世や昇進で給料UPが期待できるかもしれません。

公式サイト
http://www.yoyogihachimangu.or.jp/ 
所在地
東京都渋谷区代々木5-1-1

「一粒万倍」の霊泉──品川神社(品川区北品川)

品川神社は、徳川家康が関ヶ原の合戦に臨む際、必勝祈願に訪れた神社で、勝利した家康が祈願成就のお礼に贈った仮面が今も残されています。

金運UPのためにお参りしたいのは、社殿の右、連なる赤い鳥居の奥にある阿那稲荷神社です。そこにまつられている「一粒万倍の泉」と呼ばれる霊泉が、お目当てのパワースポット。霊泉の水を印鑑やお金に注ぐと金運が上がるとされ、持ち帰った水を家の入り口や四隅にまき、明るい気分で過ごしていると幸運に恵まれるといわれています。

公式サイト
https://shinagawajinja.tokyo/ 
所在地
東京都品川区北品川3-7-15

期間限定の金運お守りが人気──穴八幡宮(新宿区西早稲田)

早稲田大学の近くにある「穴八幡宮」は、冬至から節分までの約1か月半限定で配られる「一陽来復」のお守りが人気の神社。一陽来復とは、悪いことの後に幸運が訪れることです。お守りは、白い紙を丸めた円筒形で、中にお祓いを受けた金柑と銀杏が入っています。金柑の「金」と銀杏の「銀」で「金銀に恵まれる」御利益があるというわけです。

ちなみに、穴八幡宮の「穴」の由来は、この地のほら穴から金銅の阿弥陀如来像が発見されたこと。名前の由来からして金運がアップしそう?

公式サイト
なし
所在地
東京都新宿区西早稲田2-1-11

金運スポットで運気を高める場所へ

新しい年、金運アップさせたいなら5つの神社に初詣してみてはいかがでしょうかパワースポットで運気をより高めるには、ポイ捨てなどのマナー違反をしない、人の悪口などネガティブなことを口にしないといったことが大切です。明るい気持ちで参拝すれば、2022年の運気が向上するのではないでしょうか。。コロナウイルスの感染拡大を防ぎながら、マナーを守って参拝しましょう。

文/編集・dメニューマネー編集部

【関連記事】
「年金」いくらもらえる?「月20万円」で足りる?
初心者向け!ネット証券オススメランキング(外部サイト)
最も稼げる「国家資格」は?医師でも勝てない仕事
株主優待をタダ取りする裏ワザとは?(外部サイト)
確定申告しないと税務署にバレる?よくある5つのケース

(2021年12月30日公開記事)