dメニューdメニュー

映画『呪術廻戦0』のヒットで伸びる企業はどこ?【関連銘柄】

2022/03/12 08:00

https://money.smt.docomo.ne.jp/image/vsX6jCoOS8uI2rFRK9WBDQ.jpg
2020年10月に公開された劇場版『鬼滅の刃』の大ヒットで関連業界は多いに盛りあがった。続けとばかりに『劇場版 呪術廻戦0』が2021年12月に公開。初登場でランキングトップに立った。映画ヒットのメリットを受け株価上昇が期待される企業はどこだろうか。 『呪術廻戦』はジャンプで連載中の人気漫画 『呪術廻戦』は少年ジャンプ

2020年10月に公開された劇場版『鬼滅の刃』の大ヒットで関連業界は多いに盛りあがった。続けとばかりに『劇場版 呪術廻戦0』が2021年12月に公開。初登場でランキングトップに立った。映画ヒットのメリットを受け株価上昇が期待される企業はどこだろうか。

『呪術廻戦』はジャンプで連載中の人気漫画

『呪術廻戦』は少年ジャンプで連載中の芥見下々氏による漫画だ。主人公の虎杖悠仁(いたどりゆうじ)は呪術師を育てる東京都立呪術高等専門学校に入学し、仲間達と人間の負の感情から生まれる化け物の呪霊と戦い、仲間とともに呪術師として成長していくストーリーである。コミックスは18巻まで発売されており、11月25日時点累計発行部数は6,000万部を突破した。

ちなみにコミックスの歴代累計発行部数では、トップはワンピースの4億9,000万部、2位はゴルゴ13の3億部、3位はドラゴンボールの2億6,000万部だ。昨年話題になった鬼滅の刃は1億5,000万部で7位。呪術廻戦は今のところは31位だが、アニメ化をきっかけにさらに大きく伸ばす可能性が高そうだ。

『呪術廻戦0』は初登場でランキングトップ

劇場版『呪術廻戦0』は、本編より前のストーリーに焦点をあてた内容となっている。12月24日(金)に公開がスタートし、最初の週末だけで約190万人以上を動員し、興行収入は約26億円に達し、初登場でランキングトップに躍り出た。

3日間の記録では、『アナと雪の女王2』(19年)の約19億円を超え、『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』に次ぐ水準だ。鬼滅の刃は最初の週末で約342万人、興行収入は約46億円だった。21年12月15日時点での興行収入は約404億円、歴代1位だった『千と千尋の神隠し』(01年)の約316億円を上回った。呪術廻戦も映画ならびに主題歌やグッズなどの関連市場の拡大が期待できそうだ。

鬼滅の刃関連銘柄

鬼滅の刃が大ヒットした背景には、アニメ動画を無料配信してSNSなどで人気を高め、映画と関連グッズのタイアップ販売で相乗効果を高めるマーケティングがあった。漫画の販売増、映画の興行収入増の他に、ドリンクや食品など様々なタイアップ商品が売上を伸ばした。発売元の集英社では累計発行部数は1億5,000万部を超え、売上高は600億円以上になった。ただ、集英社は上場していない。ジャンプの電子版をゼブラックというプラットフォームで配信しているLINK-U <4446> が関連銘柄として注目された。

配給会社は東宝 <9602> とアニプレックスだった。東宝は放映収入が上乗せされた。アニプレックスはソニーグループ <6758> 傘下のソニーミュージックグループに属する。また、劇場版の主題歌『炎(ほむら)』とテレビアニメ版のオープニングテーマ曲『紅蓮華』が大ヒットしたLiSAもソニーミュージックグループに属している。フィギュアなどの関連商品、DVDの発売元もやはりグループのソニーミュージックマーケティングだった。

USEN-NEXT HOLDINGS <9418> も動画配信サービス「U-NEXT」でTVアニメを無料配信したことで注目された。タイアップしたキャラクター・グッズでは、エスケイジャパン <7608> のファンシーグッズ、ジーンズメイト <7448> のTシャツ、ダイドーグループホールディングス <2590> コラボした缶コーヒー、くら寿司 <2695> のオリジナルコラボグッズなどが話題になった。

呪術廻戦の関連銘柄は?

呪術廻戦を配給するのは東宝 <9602> だ。DVDやオフィシャルグッズなども扱っている。また鬼滅と同じくジャンプの連載なので、LINK-U <4446> や「まんが王国」で配信をするビーグリー <3981> も話題になりそうだ。音楽は、King Gnuの『一途』を主題歌に、『逆夢』をエンディングに採用しており、発売はソニーミュージックグループである。

タイアップ、コラボは鬼滅以上に充実している。グッズでは、バンダイナムコHD <7832> 、ブロッコリー <2706> 、ヴィレッジヴァンガードコーポレーション <2769> 、中外鉱業 <1491> 、フリュー <6238> などが発売する。コラボでは、サイバーエージェント <4751> 、コロプラ <3668 > 、レッグス <4286> 、ラウンドワン <4680> などで企画されている。関連銘柄の株価動向に注意だ。

文/編集・dメニューマネー編集部
画像・© 2021「劇場版 呪術廻戦 0」製作委員会 ©芥見下々/集英社

【関連記事】
「年金」いくらもらえる?「月20万円」で足りる?
初心者向け!ネット証券オススメランキング(外部サイト)
最も稼げる「国家資格」は?医師でも勝てない仕事
株主優待をタダ取りする裏ワザとは?(外部サイト)
確定申告しないと税務署にバレる?よくある5つのケース

(2022年1月8日公開記事)