dメニューdメニュー

ミズノとアシックス、給料が高いのはどっち?ランニングブーム到来で業績回復なるか?

2022/04/02 22:00

https://money.smt.docomo.ne.jp/image/2zDpnot4RXWbK8QwOjdKGA.jpg
ミズノ <8022> とアシックス <7936> の製品は、日本人なら誰しも使ったことがあるはず。では、それを作っている社員の年収はどちらが高いのでしょうか。 ミズノが618万円、アシックスが779万円 それぞれの有価証券報告書によれば、最新の社員平均年収はミズノが約618万円、アシックスが約7

ミズノ <8022> とアシックス <7936> の製品は、日本人なら誰しも使ったことがあるはず。では、それを作っている社員の年収はどちらが高いのでしょうか。

ミズノが618万円、アシックスが779万円

それぞれの有価証券報告書によれば、最新の社員平均年収はミズノが約618万円、アシックスが約779万円。アシックスの方が160万円ほど高年収です。

同じ有名スポーツメーカーですが、従業員の待遇にはある程度差があることが分かります。なお、過去5年の年収の推移は以下の通り。

ミズノ・アシックスの直近5年分の平均年収
ミズノ(すべて3月期) アシックス(同12月期)
611万円(2017年)701万円(2016年)
621万円(2018年) 728万円(2017年)
632万円(2019年) 701万円(2018年)
603万円(2020年)769万円(2019年)
618万円(2021年)779万円(2020年)
(出典:有価証券報告書より編集部作成)

ミズノはほぼ横ばいで推移しているのに対して、アシックスはここ2年ほどで大きく金額が伸びています。

どちらもこれから年収が伸びそう?

社員の年収と大きく関わる業績についても、ミズノとアシックスそれぞれ数字を見てみましょう。

ミズノは売上高が横ばいからやや減少ぎみで、純利益はここ2年ほど伸びていないものの毎年黒字決算です。

また、2021年4〜9月期の連結決算では売上高28%増と大きく業績を伸ばしており、今後さらに上向いてきそう。

アシックスも傾向としては似通っており、売上高が横ばいからやや減少傾向、純利益は年度によっては赤字を計上するなど落ち込み気味ですが、最新の2021年1月〜9月の連結決算では大きく回復しています。

コロナの影響でランニングブームが到来?

前項で触れたように、売上高が伸びているミズノとアシックスですが、業績回復の背景には、ランニングブームが関係しているのかもしれません。

2021年には、東京オリンピックが開催されました。東京オリンピックの種目にはマラソンがあったため、その影響で世界的にランニングブームが到来したそうです。

また、コロナによる自粛を強いられる中、自粛生活の運動不足を解消しようと、外で気軽にできるスポーツとして、ランニングをする人が増えました。

このことは、アシックスのランニングアプリ「ASICS Runkeeper」のユーザーを2020年4月と、その前年2019年4月で比較した際、週に1回以上ランニングをする人が世界で62%増加、日本では118%増加していることから分かります。

ミズノ、アシックスともに、やや停滞ぎみだったここ数年の状態から、今後業績が伸びていけば社員の年収も同様にアップしそうです。

文/編集・dメニューマネー編集部
画像・vacharapong / stock.adobe.com(画像はイメージです)

お知らせ:年収の表を分かりやすく組み替えました

【関連記事】
「厚生年金」を月25万円もらうための3つの方法
初心者向け!ネット証券オススメランキング(外部サイト)
「電気・ガス・水道代を節約したい」人がやってはいけないこと
株主優待をタダ取りする裏ワザとは?(外部サイト)
ひろゆきが「宝くじを買うこと」を問題視した本当の理由

(2022年2月3日公開記事)