dメニューdメニュー

「ドコモでんき」は本当に財布と環境にやさしいのか?

2022/04/03 14:00

https://money.smt.docomo.ne.jp/image/ijerjJ_VR1mjkbZekXq1hw.jpg
NTTドコモが2022年3月1日から始める「ドコモでんき」。新電力サービスが増加の一途をたどり、他の大手通信会社もすでに参入している中、新たに提供を始めるNTTドコモの新電力サービスとは、どのようなものなのだろうか。 「Basic」と「Green」、2つのプランの特徴 「ドコモでんき」のプランには「ドコモでんき Bas

NTTドコモが2022年3月1日から始める「ドコモでんき」。新電力サービスが増加の一途をたどり、他の大手通信会社もすでに参入している中、新たに提供を始めるNTTドコモの新電力サービスとは、どのようなものなのだろうか。

「Basic」と「Green」、2つのプランの特徴

「ドコモでんき」のプランには「ドコモでんき Basic」と「ドコモでんき Green」の2種類がある。「ドコモでんき Basic」は、通常の電力を供給するプラン。「ドコモでんき Green」は、実質的に再生可能エネルギー比率100%の環境にやさしい電力を供給するプランだ。

最大の特徴はポイント還元率の高さにある。

「ドコモでんきBasic」では、契約中の地域電力から切り替えれば、ドコモユーザーなら電気料金はそのままで、利用料金100円(税抜)につき、3%のdポイントが還元される。

「ドコモでんきGreen」では、dカード GOLD会員なら利用料金100円(税抜)の10%、dカード GOLDを持っていなくても5%のdポイントが還元される。

ただし「ドコモでんきGreen」の場合、電気の基本料金または最低料金に500円がプラスされる。

「Green」を選ぶとお得な人は?

通常の電気料金に500円加算されても、10%のポイント還元があれば、元を取れる人は多い。電気料金が月5,000円で、500円分のdポイントが還元されるためだ。

電気料金が月1万円なら、還元されるdポイントは1000円分。ポイント500円分がプラスとなる計算だ。

dカード GOLDには年会費が1万1,000円かかるが、「ドコモでんき」だけでなく、ドコモの携帯料金とドコモ光の料金でも10%のdポイントが還元される。そのため通信費と電気代の合計が、年間11万円を超える人なら、年会費分もペイできる。

つまり「ドコモでんきGreen」は、dカード GOLD会員のドコモユーザーなら検討したい電力サービスといえるだろう。

「ドコモでんき」で注意すべきポイント

「ドコモでんき」にも注意点はある。オール電化向けの料金プランを提供していないため、他の電力サービスのオール電化向けの割引サービスを利用している人は電気料金が高くなる可能性があるのだ。

マンション全体を一つの契約とする高圧一括受電を行っているマンションに暮らす人も、ドコモでんきには申し込めない。検針票や請求書などでの確認が必要だ。

先行予約キャンペーンは2月末まで

NTTドコモでは「ドコモでんき」の先行予約キャンペーンを行っている。

2022年2月28日までにエントリーして、4月30日までに申し込みをした人に、特典としてdポイント5,000ポイントを進呈するものだ。ドコモユーザーにとって、財布だけなく環境にも優しい「ドコモでんき」。キャンペーンの期間を念頭に検討するといいだろう。

文/編集・dメニューマネー編集部

【関連記事】
「厚生年金」を月25万円もらうための3つの方法
初心者向け!ネット証券オススメランキング(外部サイト)
「電気・ガス・水道代を節約したい」人がやってはいけないこと
株主優待をタダ取りする裏ワザとは?(外部サイト)
ひろゆきが「宝くじを買うこと」を問題視した本当の理由

(2022年2月5日公開記事)