dメニューdメニュー

ラーメンの日高屋と山岡家、社員の年収が高いのはどっち?明暗別れた理由とは

2022/04/17 12:00

https://money.smt.docomo.ne.jp/image/xsLFqDXuS2WbX6hB7AoDxg.jpg
どこの街でも食べられるラーメンチェーン、なかでも日高屋 <7611> と山岡家 <3399> はよく見かける店ですが、働いている社員の年収はどちらが高いのでしょうか。 日高屋がやや高いが、ここ1、2年は下降 最新の有価証券報告書によれば、社員の年収は日高屋が約460万円、山岡家が約436万円。そ

どこの街でも食べられるラーメンチェーン、なかでも日高屋 <7611> と山岡家 <3399> はよく見かける店ですが、働いている社員の年収はどちらが高いのでしょうか。

日高屋がやや高いが、ここ1、2年は下降

最新の有価証券報告書によれば、社員の年収は日高屋が約460万円、山岡家が約436万円。それほど差はないものの、日高屋の方がやや高い金額です。

なお、ここ5年ほどの推移は次のとおり。日高屋は50万円近く下がっており、特にここ1、2年で大きく下降。対して山岡家は横ばいから微増といった状況です。

日高屋 山岡家
2017 503万円 422万円
2018 494万円 411万円
2019 496万円 419万円
2020 476万円 422万円
2021 460万円 436万円
(出典:「日高屋」「山岡家」直近5年の有価証券報告書より編集部作成)

日高屋は赤字転落 山岡家は好調

年収の増減の傾向と同じように、ここ1、2年は両社の業績にもはっきりと明暗が表れています。

日高屋は2020年までは売上、利益とも横ばいからやや微増で推移していたものの、2021年には売上高約43%減、さらに当期利益では赤字を計上。

それに対して、山岡家は郊外中心の店舗展開が功を奏し、2020年と2021年の売上高では過去5年で最高水準を記録しており、逆風の中でも好調です。

今後はどちらも年収が上がりそう?

過去1、2年の業績では明暗が出た日高屋と山岡家ですが、今後の見通しはどうなっているのでしょうか。

直近の四半期決算を見てみると、どちらも利益は前期の水準を上回っており、調子を上げてきています。

2021年には赤字を計上した日高屋も、その間に積極的な出店で基盤固めを進め、今後売上高を伸ばしていく想定。山岡家は好調を維持する格好です。

コロナの収束は依然不透明ですが、日高屋と山岡家はその影響からひと足先に抜け出しつつある様子。今後さらに業績が上向いてくれば、社員の年収も上がっていきそうです。

文/編集・dメニューマネー編集部
画像・Takanori Ogawa / stock.adobe.com(画像はイメージです)

【関連記事】
4月に変更!「年金を多く受け取る」ために知りたい3つのこと
初心者向け!ネット証券オススメランキング(外部サイト)
エスパー伊東さん「老人ホーム」に 入居費用は年金で足りる?
株主優待をタダ取りする裏ワザとは?(外部サイト)
ガソリン代170円突破!節約のための2つのコツ

(2022年2月15日公開記事)