dメニューdメニュー

サイゼリヤとすかいらーく、年収が高いのはどっち?コロナでどちらも業績落ち込み

2022/05/03 10:00

https://money.smt.docomo.ne.jp/image/JUe-1nwXQ8uDC4TJJpTuQA.jpg
サイゼリヤ <7581> とすかいらーく <3197> はどちらもファミレス業界の大手ですが、社員の年収はどちらが高いのでしょうか。業績やコロナ禍での取り組みも気になります。 どちらもここ数年で50万円以上減額 最新の有価証券報告書によれば、社員の平均年収はサイゼリヤが552万円、すかいらーくが

サイゼリヤ <7581> とすかいらーく <3197> はどちらもファミレス業界の大手ですが、社員の年収はどちらが高いのでしょうか。業績やコロナ禍での取り組みも気になります。

どちらもここ数年で50万円以上減額

最新の有価証券報告書によれば、社員の平均年収はサイゼリヤが552万円、すかいらーくが638万円。すかいらーくが90万円ほど上回っています。

なお、過去5年間の金額の推移を見ると、どちらもここ数年でなんと50万円以上も減額しています。

サイゼリヤ すかいらーく
626万円(17年8月期) 704万円(16年12月期)
624万円(18年8月期) 695万円(17年12月期)
628万円(19年8月期) 624万円(18年12月期)
589万円(20年8月期) 619万円(19年12月期)
552万円(21年8月期) 638万円(20年12月期)
(出典:サイゼリヤ、すかいらーく、最新有価証券報告書より編集部作成)

コロナ禍で業績も落ち込み

年収を左右する業績も両社同じような傾向で、コロナ禍の休業や時短、閉店などの影響を受けて右肩下がりで推移しています。

サイゼリヤは2年連続で売上高を大きく減らしたほか、20年8月期には営業赤字を計上しており、すかいらーくも20年12月期は売上高が減少し営業赤字に。

どちらも直近の四半期業績では回復傾向にあるものの、先行きは不透明で、もとの水準まで戻るには時間がかかりそうです。

ロボット導入、新メニュー、店舗改装など、新たな取り組みも

コロナ禍で減少した売上高や利益の回復を目指して、両社とも新たな施策に取り組んでいます。

どちらも省人化と人件費の削減を目指して、一部の店舗で配膳や接客を行うロボットを導入しました。

ほかにも、サイゼリヤは高齢者向けメニュー、ファミリー層向けのお持ち帰りメニューなど、商品開発を進めています。

対してすかいらーくは一部店舗を改装してカウンター席を増やし、おひとりさまやリモートワークなど、コロナ禍を逆手にとった需要増を狙っています。

サイゼリヤ、すかいらーくともに、新たな客層の開拓が今後の業績と社員の年収を左右しそうです。

文/編集・dメニューマネー編集部
画像・skdkzhr / stock.adobe.com(画像はイメージです)

【関連記事】
4月に変更!「年金を多く受け取る」ために知りたい3つのこと
初心者向け!ネット証券オススメランキング(外部サイト)
エスパー伊東さん「老人ホーム」に 入居費用は年金で足りる?
株主優待をタダ取りする裏ワザとは?(外部サイト)
ガソリン代170円突破!節約のための2つのコツ

(2022年3月4日公開記事)