dメニューdメニュー

リッター170円超!ガソリン価格のうち税金が占める割合は?【クイズ】

2022/05/08 17:00

https://money.smt.docomo.ne.jp/image/k9-w-UiQR0in1Jg2rSh9hA.jpg
ガソリンの価格がしばらく高騰し続ける中、ロシア軍によるウクライナ侵攻もあり、今後さらに高くなると予測されています。 自動車用にガソリンスタンドなどで給油するレギュラーガソリンは、全国平均で165円程度のようですが、資源エネルギー庁が3月2日に発表した2月28日時点の調査では172.8円でした。 ところでこのガソリン価格

ガソリンの価格がしばらく高騰し続ける中、ロシア軍によるウクライナ侵攻もあり、今後さらに高くなると予測されています。

自動車用にガソリンスタンドなどで給油するレギュラーガソリンは、全国平均で165円程度のようですが、資源エネルギー庁が3月2日に発表した2月28日時点の調査では172.8円でした。

ところでこのガソリン価格には、税金が含まれていますが、その割合は次のうちどれでしょうか。

① 2割
② 4割
③ 7割

「トリガー条項」発動なるか?

ガソリン価格に含まれる税金は数種類あります。「揮発油税」と「地方揮発油税」、そして「石油石炭税」です。そこにガソリン本体の価格が乗せられ、その合計に対して「消費税」がかけられます。

揮発油税と地方揮発油税は、合計でガソリン1リットル(リッター)あたり53.8円、石油石炭税は同じく2.8円。もしガソリンが1リットル170円で売られているとすると、本体の価格が96.4円、消費税は17円という計算になります。

これらのうち税金である53.8円、2.8円、17円を足すと73.6円。小売価格170円のうち、税金が占める割合は43.2%。正解は②の4割です。

なお政府・与党はガソリン税を一時的に下げる「トリガー条項」の発動に向けて調整しているそうです。これは、指標となるガソリン価格の平均が3ヵ月続けて1リットルあたり160円を超えたのを引き金(トリガー)として、税率上乗せ分(約25円)を減税する措置です。

ちなみに揮発油税の53.8円は、本則税率28.7円と特例税率25.1円の合算です。

文/編集・dメニューマネー編集部

【関連記事】
60歳以上が半数以上!「警備員」の給料はいくら?
初心者向け!ネット証券オススメランキング(外部サイト)
4月に変更!「年金を多く受け取る」ために知りたい3つのこと
株主優待をタダ取りする裏ワザとは?(外部サイト)
定年後の再雇用で年金が増える人、減る人【老後の備え】

(2022年3月16日公開記事)