dメニューdメニュー

味の素<2802> 株価のプラス・マイナス2つの材料 海外で人気、ただ商品の値上げも

2022/03/21 15:00

https://money.smt.docomo.ne.jp/image/BoQi6G9zSM-PcYnUL6d3ZA.jpg
味の素<2802> の株価を予想する上でのプラス材料(株価上昇につながる材料)とマイナス材料(下落につながる材料)をそれぞれ2つずつ挙げた(2022年3月9日時点)。 プラス材料 マイナス材料 海外で「味の素」人気

味の素<2802> の株価を予想する上でのプラス材料(株価上昇につながる材料)とマイナス材料(下落につながる材料)をそれぞれ2つずつ挙げた(2022年3月9日時点)。

プラス材料 マイナス材料
海外で「味の素」人気、過去最高益へ原材料高を背景に6月から主力製品を値上げ
高採算の電子材料、医療原料の成長加速好調な海外調味料の売り上げ失速

2つのプラス材料

①海外で「味の素」人気、過去最高益へ

原料高のマイナス要因を売上増で補い、今期最終利益は14%増の680億円と6期ぶりに過去最高を更新する見込み。主力の調味料・食品部門(4〜12月)は、国内1%減の2,059億円と不振だが、海外13%増の2,918億円と好調。海外の7割を占めるアジアで10%増。アジアでも「味の素」は人気だ。

②高採算の電子材料、医療原料の成長加速

ヘルスケア等部門の4〜12月の売上は9%増の1,819億円、事業利益は81%増の333億円。売上構成では21%だが、利益構成では31%と高成長高採算だ。アミノ酸で培った技術をベースに、半導体パッケージ用層間絶縁材料、医薬品製造開発受託(CDMO)が好調。今後も非食品部門の伸びを牽引しそうだ。

2つのマイナス材料

①原材料高を背景に6月から主力製品を値上げ

主原料の粗糖や小麦の価格が高騰、包材、物流費、原燃料コストも上昇している。「味の素」など主力25品種の出荷価格を6月から2~13%の幅で値上げすることを決めた。値上げが浸透するならばプラス要因ではあるが、値上げをきっかけに買い控えなどが起きればマイナス要因となる。

②好調な海外調味料の売り上げ失速

国内の減速を支えているのは海外の調味料の伸びである。味の素の海外売上は57%(4〜12月)に達しており輸出企業だ。世界的な景気後退等で海外での成長が鈍化すること、もしくは円高で円ベースの手取りが減少することが収益に大きなマイナスとなる。

文/編集・dメニューマネー編集部

【関連記事】
60歳以上が半数以上!「警備員」の給料はいくら?
初心者向け!ネット証券オススメランキング(外部サイト)
4月に変更!「年金を多く受け取る」ために知りたい3つのこと
SBI証券と楽天証券どちらで開設する?徹底比較(外部サイト)
定年後の再雇用で年金が増える人、減る人【老後の備え】