dメニューdメニュー

JALとANA年収が高いのはどっち?コロナ後に回復が期待?

2022/05/28 14:00

https://money.smt.docomo.ne.jp/image/sOmWmUXFR3ym1_aXaFO1xg.jpg
コロナの影響が深刻な航空業界、JAL <9201> やANA <9202> といった大企業も苦境に立たされていますが、社員の給与事情はどうなっているのでしょうか。 年収は500万円〜700万円 パイロットなら2,000万円? 両企業の最新の平均年収は、JALが678万円、ANAは持株会社の年収の

コロナの影響が深刻な航空業界、JAL <9201> やANA <9202> といった大企業も苦境に立たされていますが、社員の給与事情はどうなっているのでしょうか。

年収は500万円〜700万円 パイロットなら2,000万円?

両企業の最新の平均年収は、JALが678万円、ANAは持株会社の年収のみが公開されており564万円です。

なお、航空会社の場合は他の業界と比べて職種によって金額に大きな差があることに注意が必要です。

特にパイロットの年収は他の職種と比べて群を抜いて高く1,500万円〜2,000万円ほど。これが平均を引き上げており、それ以外の職種の平均年収はおそらく500万円〜600万円ほどです。

コロナの影響で大きく減額……

航空業界のなかでも特にコロナの影響を大きく受けたJALとANAでは、社員の待遇にも影響が出ました。

過去5年間の年収推移を見ると、どちらも直近の1年で200万円近く減額しているのが分かります。

決算期 JAL ANA
17年3月期 859万円 818万円
18年3月期 867万円 762万円
19年3月期 828万円 777万円
20年3月期 839万円 737万円
21年3月期 678万円 564万円
(出典:過去5年分の有価証券報告書から編集部作成)

他業界への出向やリストラも話題になっていますが、こうして年収の変化を見ると事態の深刻さがリアルに感じられます。

サブスク、LCC、採用再開など、回復に向けた動き

苦境に立たされているJALとANAですが、回復に向けた取り組みもいくつか報じられています。

JALは宿泊サービスを提供する会社と協力して、航空券と宿泊がセットになったプランを定額で利用できるサブスクの実験を開始。

対してANAは、東南アジアやオセアニアと日本を結ぶ新たなLCCブランドを立ち上げることを発表。ともに新たなニーズを開拓します。

また、両企業とも一部見送っていた新卒社員の採用も再開し、23年度には数百名が新たに入社する予定。

こうした取り組みがコロナ禍からの脱却につながるでしょうか。航空業界の今後に注目が集まります。

文/編集・dメニューマネー編集部
画像・hika019 / stock.adobe.com(画像はイメージです)

【関連記事】
60歳以上が半数以上!「警備員」の給料はいくら?
初心者向け!ネット証券オススメランキング(外部サイト)
4月に変更!「年金を多く受け取る」ために知りたい3つのこと
SBI証券と楽天証券どちらで開設する?徹底比較(外部サイト)
定年後の再雇用で年金が増える人、減る人【老後の備え】

(2022年3月27日公開記事)