dメニューdメニュー

梅の花での食事が20%オフになる株主優待カード「梅の花」 【4月の株主優待】

2022/03/28 06:30

https://money.smt.docomo.ne.jp/image/FbPvevVcSBuq0i3KuFaFsQ.jpg
福岡県に本社を置く梅の花 <7604> は、全国に296店舗(2021年4月末現在)飲食店を展開しています。懐石料理を中心とした和食レストラン「豆腐と湯葉の店 梅の花」をはじめ、かに料理専門店や、中華料理、和食レストランなどさまざまなジャンルの飲食店のほか、お弁当宅配専門店やオンラインショップなどの運営も行

福岡県に本社を置く梅の花 <7604> は、全国に296店舗(2021年4月末現在)飲食店を展開しています。懐石料理を中心とした和食レストラン「豆腐と湯葉の店 梅の花」をはじめ、かに料理専門店や、中華料理、和食レストランなどさまざまなジャンルの飲食店のほか、お弁当宅配専門店やオンラインショップなどの運営も行っています。

福岡県にある「ブア・スパ」は梅の花がプロデュースしているスパで、タイの伝統的なボディケア「タイストレッチ」や上質なエッセンシャルオイルを使用したトリートメントなど、癒しと安らぎのケアで極上のリラックスタイムが味わえます。

同社の株主優待は、株主優待カードがもらえます。

有効期限内であれば利用回数に制限なく使える

梅の花は100株以上保有している株主が優待対象です。株主優待カードは梅の花グループの店舗や通信販売での利用代金が20%割引になり、有効期限内であれば利用回数の制限はありません。(ただし5~10%割引になる店舗もあります。)

各種サービス券やクーポン券との併用、梅の花Uカードのポイントの併用はできません。利用上の注意事項の詳細は同社Webサイトで確認できます。

銘柄コード7604
発行基準日4月、10月末
内容株主優待カード
発行日7月、1月
株価1,030円(2022年3月25日終値)
投資最低必要額103,000円
優待に必要な額103,000円
優待利回りN/A
IRページhttps://www.umenohana.co.jp/investor/

文/編集・dメニューマネー編集部
画像・regagy / stock.adobe.com(画像はイメージです)

※この記事は優待情報の紹介が目的で、個別銘柄への投資を推奨するものではありません。株価や優待内容は変わることがありますので、投資を検討される際は必ずご自身でお確かめください。

【関連記事】
60歳以上が半数以上!「警備員」の給料はいくら?
初心者向け!ネット証券オススメランキング(外部サイト)
4月に変更!「年金を多く受け取る」ために知りたい3つのこと
SBI証券と楽天証券どちらで開設する?徹底比較(外部サイト)
定年後の再雇用で年金が増える人、減る人【老後の備え】