dメニューdメニュー

チョコレートやドライフルーツなどの詰め合わせが年2回届く「正栄食品工業」 【4月の株主優待】

2022/04/04 06:30

https://money.smt.docomo.ne.jp/image/qSmhfjcCSmyGWnTwfOz6wA.jpg
業務用や家庭向けの原料乳製品、乾燥果実、ナッツ類の輸入・卸販売を行う、正栄食品工業 <8079> 。 同社は、アメリカのカリフォルニア州にある120万坪の広大な土地で、プルーンとクルミの農業を経営しています。自社農園で収穫されたプルーンやクルミは、自社や協力工場で加工し、日本国内・海外に輸出しています。 2

業務用や家庭向けの原料乳製品、乾燥果実、ナッツ類の輸入・卸販売を行う、正栄食品工業 <8079> 。

同社は、アメリカのカリフォルニア州にある120万坪の広大な土地で、プルーンとクルミの農業を経営しています。自社農園で収穫されたプルーンやクルミは、自社や協力工場で加工し、日本国内・海外に輸出しています。

2017年から同社が製造・発売しているチョコビスケット「サク山チョコ次郎」は、商品と同時に誕生した「チョコジロー」とともにSNSなどで話題になりました。チョコジローは2021年テレビCMデビューも果たしています。同商品はスーパー、ドラッグストアやコンビニなどで販売中です。

同社の株主優待は、自社製品詰め合わせです。

100株以上で自社製品詰め合わせが年2回もらえる

100株以上持っている株主が優待対象で、自社製品詰め合わせが年2回もらえます。2021年の優待品には、「サク山チョコ次郎」のほか、低糖質ミルクチョコレート、素焼きのミックスナッツ、プルーンなど盛りだくさんの内容でした。優待内容の詳細は同社Webサイトで確認できます。

銘柄コード8079
発行基準日4月末、10月末
内容自社製品詰め合わせ
発行日不明
株価4,060円(2022年4月1日終値)
投資最低必要額406,000円
優待に必要な額406,000円
優待利回りN/A
IRページ https://www.shoeifoods.co.jp/ir

文/編集・dメニューマネー編集部
画像・nutria3000 / stock.adobe.com(画像はイメージです)

※この記事は優待情報の紹介が目的で、個別銘柄への投資を推奨するものではありません。株価や優待内容は変わることがありますので、投資を検討される際は必ずご自身でお確かめください。

【関連記事】
60歳以上が半数以上!「警備員」の給料はいくら?
初心者向け!ネット証券オススメランキング(外部サイト)
4月に変更!「年金を多く受け取る」ために知りたい3つのこと
SBI証券と楽天証券どちらで開設する?徹底比較(外部サイト)
定年後の再雇用で年金が増える人、減る人【老後の備え】